サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

若葉の宿
若葉の宿 若葉の宿

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/05
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-775436-0
  • 国内送料無料

紙の本

若葉の宿

著者 中村 理聖 (著)

京都の老舗旅館に生まれた夏目若葉は、父を知らず、母は幼い頃に失踪し、祖父母に育てられた。二十歳を過ぎた若葉は、新米の仲居として修業を始めるのだが、祖父母が細々と営む小旅館...

もっと見る

若葉の宿

1,555 (税込)

若葉の宿

ポイント :14pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

京都の老舗旅館に生まれた夏目若葉は、父を知らず、母は幼い頃に失踪し、祖父母に育てられた。二十歳を過ぎた若葉は、新米の仲居として修業を始めるのだが、祖父母が細々と営む小旅館にも時代の波が押し寄せて…。【「TRC MARC」の商品解説】

京都の小さな旅館に生まれた夏目若葉は、父を知らず、母は幼い頃に失踪し、祖父母に育てられた。二十歳を過ぎた若葉は、新米の仲居として修業を始めるのだが……。小説すばる新人賞受賞第一作。


【商品解説】

京都の小さな町家旅館・山吹屋に生まれた夏目若葉は、父を知らず、母も幼い頃に失踪したため、祖父母に育てられた。旧来のスタイルを守り続ける山吹屋は、グローバル化の波が押し寄せるなかで、年老いた祖父母の手で細々と経営が続けられていた。旅館を継ぐ決心がつかないまま20歳を過ぎた若葉は、祖父の伝手により、老舗の大旅館で新米の仲居として修業を始める。一方、中学からの親友・紗良は、芸妓を志す。失敗を繰り返しながらも仕事を覚えていく若葉は、先輩からの厳しい叱責に戸惑い続ける日々を送っていた。そんなある日、山吹屋に買収の話が持ちかけられる。さらに、若葉が勤める大旅館にも激震が……。

京都を舞台に仲居として働く女性の揺れる心情を描く、小説すばる新人賞受賞第一作。


【本の内容】

著者紹介

中村 理聖

略歴
〈中村理聖〉1986年福井県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。「砂漠の青がとける夜」で第27回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

京の街に息づく、人の優しさ

2017/06/14 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:asako - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に、でも丁寧に読みました。中村さんの筆致にほどよく酔いながら、読んでいるあいだはゆったりと幸せな時が流れていました。
若葉の健気さ、親友の凛々しさ、若葉を取り巻く大人たちの生き様。作品なのだけれど、いま、阪急電車に乗って京都に行けば、若葉に会えそうな、そんな気にさせてくれました。本当に不思議です。
中村さんの作品は初めて読みましたが、すっかりファンになってしまいました。ああ、この感情、わたしもあったなあ、と作品に引き込まれていく自分を感じました。
久しぶりに暖かい気持ちになりました。
中村さん、ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/22 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る