サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 伝記
  5. 集英社
  6. リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの〜中川裕季子の生き方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの〜中川裕季子の生き方
リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの〜中川裕季子の生き方 リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの〜中川裕季子の生き方

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/05
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-781637-2
  • 国内送料無料

紙の本

リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの〜中川裕季子の生き方

著者 山田 麗華 (著)

天才タップダンサー・中川三郎の娘に生まれ、女優、ダンサー、現在は舞台プロデュースなどで活躍する中川裕季子の生き方を描く。タップをテーマにした2017年公開映画の監督・主演...

もっと見る

リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの〜中川裕季子の生き方

1,620(税込)

リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの~中川裕季子の生き方

1,458 (税込)

リズミーハーツ タップの父・中川三郎から受け取ったもの~中川裕季子の生き方

ポイント :13pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

天才タップダンサー・中川三郎の娘に生まれ、女優、ダンサー、現在は舞台プロデュースなどで活躍する中川裕季子の生き方を描く。タップをテーマにした2017年公開映画の監督・主演を務めた水谷豊と中川裕季子の対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

2017年6月17日公開予定の水谷豊監督・主演映画「TAP THE LAST SHOW」(東映)のイメージソースのひとつとされる日本タップダンスの祖、中川三郎。舞踏家として華々しく活躍し、次々とショウビジネスを成功させながらも日本芸能史の影に埋もれてしまった伝説のダンサーの生涯とはどんなものだったのか――。その三女で、70代の今なお現役ダンサー、舞台プロデューサーとして最前線に立つ中川裕季子が、自らと父の人生を振り返り、「伝承」の尊さをうったえるノンフィクション。ダンスを通して築かれた家族の絆、父娘の情愛、父から子へと受け継がれていく思いと文化……初めて赤裸々に語られる中川三郎と裕季子の波乱と情熱に満ちた人生をあますところなく伝える。

特別対談 水谷豊×中川裕季子 収録


第1章 インスピレーションの女 中川裕季子との出会い

      「そうそう、ちょうどあなたのこと、考えていたのよ。

      あなた、私の父の本、書かない?」

第2章 夢のような別世界 家族バンド「中川ツルーパーズ」

      「どうして? なにもかもこんなに楽しいのにね。

      だって、私たち陽気な音楽一家。仲よし家族じゃない」

第3章 スターダンサー、誕生 三郎、栄光と挫折のニューヨーク

      「死ぬ気でアメリカに行くから、葬式代だと思って

       渡航費の1000円をくれ、って。無理無理よね」

第4章 中川三郎、その人間的魅力とは? モテる男を取り巻く女たち

      「それだけ女に囲まれていればね、女癖も悪くなるわよね。

      それは大変だったと思うわよ、母にしたら」

第5章 銀幕デビュー・ニューヨーク・引退……裕季子・女優時代

      「これはもう世界一になれなきゃ、ダメだなって。

      それくらいの覚悟でね、目指す以上は」

第6章 日本のディスコの生みの親は私 ビジネスウーマン・裕季子

      「なんか、思い切りダンスパーティやれる場所にしようよ」

第7章 踊ることが好き、舞台が好き! ダンサー、そしてインストラクターとしての再起

      「自分がやっていることには意味があるんだ。

       こうして誰か救うことだってできる」

第8章 父・三郎とタップへの恩返し 裕季子がこれからも伝承していきたいもの

      「リズミーハーツ。父が命がけでやってきたことよ。

      私が受け継いで伝えていかないでどうするの?」

終章  水谷豊氏・中川裕季子 対談


【本の内容】

著者紹介

山田 麗華

略歴
●シナリオセンター作家集団コースを経て、日本放送作家協会・北阪昌人氏に師事。2014年『お手玉の記憶』が第43回創作ラジオドラマ大賞最終選考に残る。2016年『雨のリズム』が第37回BKラジオドラマ脚本賞最優秀賞受賞。
2017年4月、同作が50分のラジオドラマ番組「FMシアター」にて、NHK FMで全国放送される。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む