サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 兼見卿記 第6 自文祿五年正月至慶長十三年十二月

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

兼見卿記 第6 自文祿五年正月至慶長十三年十二月
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2017/05/25
  • 出版社: 八木書店古書出版部
  • サイズ:22cm/264p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8406-5190-5
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

兼見卿記 第6 自文祿五年正月至慶長十三年十二月 (史料纂集 古記録編)

著者 吉田 兼見 (著),橋本 政宣 (ほか校訂)

京都吉田神社神主吉田兼見の日記。第6は、文禄5年(1596)正月〜慶長13年(1608)12月を収録。伏見地震、秀吉を祀る豊国社関係の記事を掲載する。【「TRC MARC...

もっと見る

兼見卿記 第6 自文祿五年正月至慶長十三年十二月 (史料纂集 古記録編)

14,040(税込)

ポイント :130pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

京都吉田神社神主吉田兼見の日記。第6は、文禄5年(1596)正月〜慶長13年(1608)12月を収録。伏見地震、秀吉を祀る豊国社関係の記事を掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

●後半慶長七年記以降の記事の中心となるのは、秀吉を祀る豊国社関係の記事である。弟梵舜が神宮寺社僧となり、孫萩原兼従(慶鶴丸)が兼見の養子として社務職に補された。吉田と豊国社を往復する兼見の行動が記録され、秀頼・同生母浅井氏(淀殿)・北政所(高台院)・八条宮智仁親王・木下浄英(家定)ら秀吉の係累、片桐且元や小出秀政・大野治長ら家臣、福島正則・黒田長政らいわゆる「豊臣恩顧」大名たちの豊国社参詣や、彼らとの音物のやりとりの様子が頻繁に記される。豊国社については、梵舜の日記『舜旧記』全8冊(史料纂集古記録編:完結)と併読することにより、秀吉没後の豊臣家周辺の動きが明らかになる。
●本冊の期間における大きな出来事としては、秀吉の(指月)伏見城を倒壊させた文禄五年閏七月発生の(慶長)伏見地震がある。この地震の発生や被害状況を伝える史料は多いが、本冊に収められた記事もまた、とくに京都の被害や、被災した禁裏の様子、朝廷としての対応を知るうえで貴重である。これをきっかけに年号が文禄から慶長へと改元されるが、兼見は改元仗儀の聴聞を許され、その様子を記録している。
●兼見に対する後陽成天皇とその生母勧修寺晴子(新上東門院)の信頼は相変わらず厚く、伏見地震のさいの祈禱を始め、晴子に依頼された神事を毎月修するほか、事あるごとに禁裏の祈禱に携わり、三社託宣の宸筆名号を賜るなど、吉田神道の継承者として朝廷の神事に重きをなした。このため慶長二年二月に兼見は従二位に加級され、兼治は左兵衛佐に補任されている。
●文禄二年に家督を息兼治に譲り、大坂・伏見とのやりとりはもっぱら兼治があたっていたためか、政治向きの情報はこれまでにくらべて必ずしも多くないが、文禄五年五月の拾参内・昇殿(元服)、および同日の家康任内大臣、また慶長八年八月の徳川秀忠女千姫と秀頼の祝言など、豊臣氏・徳川氏の動向がうかがえる。この間に生じた政治的勢力図を大きく塗り替えることになる慶長三年八月の秀吉薨去、同五年九月の関ヶ原の戦いについては、前後の年次に欠落があって記事がない。これは伝存の問題ではなく、兼見自身が大病を患ったため、この期間執筆できなかったのが理由のようであり、慶長七年記以降、病気がちな様子が書きとめられている。
●私生活では、父兼右二十五年忌を営み、伯父牧庵等貴の事故死(賀茂競馬の見物に赴き増水した鴨川を渡ろうとして溺死)に慨嘆したり、孫幸鶴丸(のち兼英)の色直しに立会い、孫女辰の近江長束助信(正家甥)への輿入れに際し、姉満の時ほどの準備ができないことを残念がり、その満が阿野実顕との間に儲けた嫡男(兼見の曾孫)薫(公福)が元服するなど、豊富な記事がある。そのなかで兼治との不仲をうかがわせる記事も散見され、祈念料の分配や兼治の借銭をめぐる経済的な問題がその原因となっていたことが推し量られる。
●交遊関係では、長岡幽斎が吉田山内に随神庵を営んで滞在することが多かったため、幽斎を媒介とした文化的交流が垣間見られ、本冊では本因坊算砂ら碁打との交流が目立つものとして挙げられる。
【商品解説】

目次

  • 文禄5年(1596)正月~12月
  • 慶長2年(1597)正月~12月
  • 慶長7年(1602)6月~12月
  • 慶長8年(1603)正月~8月
  • 慶長13年(1608)正月~12月

著者紹介

吉田 兼見

略歴
東京大学名誉教授

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む