サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 三菱東京UFJ・三井住友・みずほ三大銀行がよくわかる本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三菱東京UFJ・三井住友・みずほ三大銀行がよくわかる本(中経の文庫)
三菱東京UFJ・三井住友・みずほ三大銀行がよくわかる本(中経の文庫) 三菱東京UFJ・三井住友・みずほ三大銀行がよくわかる本(中経の文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/13
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 中経の文庫
  • サイズ:15cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-601991-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

三菱東京UFJ・三井住友・みずほ三大銀行がよくわかる本 (中経の文庫)

著者 津田倫男 (監修)

エリートたちの実態とメガバンクの裏側とは? 日本を代表する三大メガバンク「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」の戦略から歴史、内部にまで迫り、なかなか知るこ...

もっと見る

三菱東京UFJ・三井住友・みずほ三大銀行がよくわかる本 (中経の文庫)

734(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エリートたちの実態とメガバンクの裏側とは? 日本を代表する三大メガバンク「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」の戦略から歴史、内部にまで迫り、なかなか知ることのできない銀行の姿を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

日本社会に今なお影響力をもつ財閥。そして、それぞれのグループの中核を為しているのが、いわゆるメガバンクと呼ばれる“都市銀行”だ。
本書ではそのなかの上位3行「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」をテーマとし、その歴史はもちろんのこと、影響力や内部構造などを、文章と図解でわかりやすく紹介していきます。
【商品解説】

目次

  • 【パート1】こんなにすごい! 銀行の影響力
  • ・組織図、支店(海外含む)、部署、行員数
  • ・財閥内での立ち位置、顧客(有名上場企業)
  • ・事業への投資や企業支援(財閥内の会社や海外事業)
  • ・頭取など役員のポストや肩書き(財団、協会などの理事)
  • 【パート2】合従連衡のくり返し 熾烈な銀行再編史
  • ※「財閥創設者」から「メガバンクの再編」までを編年で
  • 【パート3】徹底比較! 三大銀行

著者紹介

津田倫男

略歴
企業アドバイザー。(株)フレイムワーク・マネジメント代表。1957年島根県生まれ。一橋大学、スタンフォード大学ビジネススクール卒業。都銀、外銀での20年にわたる勤務を経て、外資IT企業系ベンチャーキャピタルの日本代表を務める。主な著書に、『地方銀行消滅』『銀行のウラ側』(ともに朝日新書)、『大予想 銀行再編 地銀とメガバンクの明日』『大解剖 日本の銀行―メガバンクから地銀・信金・信組まで』(ともに平凡社新書)、『銀行員という生き方』(宝島社新書)、『銀行員のキミョーな世界』(中公新書ラクレ)など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

それほどの情報はありません

2017/09/09 11:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

メガバンクのトップが業界団体の会長を順番に務めるなんてことは当然のことなのではないでしょうか。むしろメガバンク以外の地銀などがその役職を務めるなんてことであれば驚きですが。
また各行のキャッチコピーなどを紹介していますが、そのような抽象的なことをさも大事なことのように書かれても、結局だからなんなんだということにしかならないわけです。
その他この本で特に役に立つようなそういった事項はあまり見当たりませんでした。当たり前のこと、ネットですぐにわかること、そういったことをすごいことのように書いてあるのになんだか違和感を覚えてしまいました。
もっと各行の合併による人事のドロドロであるとか、そういった裏事情を書いて欲しいところですがそういったものは一切ありません。正直三大銀行がよくわかるということはないのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/15 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

金融機関・銀行 ランキング

金融機関・銀行のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む