サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

緋の天空(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/19
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/379p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745580-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

緋の天空 (集英社文庫 歴史時代)

著者 葉室麟 (著)

闇を払う光となれ−。朝廷の権力争い、相次ぐ災害や疫病…。混迷を乗り越え、夫・聖武天皇を支えて国と民を照らす大仏の建立を目指す。光明皇后の生涯を描いた歴史長編。【「TRC ...

もっと見る

緋の天空 (集英社文庫 歴史時代)

734(税込)

緋の天空

680 (税込)

緋の天空

ポイント :6pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

闇を払う光となれ−。朝廷の権力争い、相次ぐ災害や疫病…。混迷を乗り越え、夫・聖武天皇を支えて国と民を照らす大仏の建立を目指す。光明皇后の生涯を描いた歴史長編。【「TRC MARC」の商品解説】

父・藤原不比等の願いが込められた光明という名を胸に、一人の少女が歩み出す。聖武天皇の妃となり、幾多の困難を乗り越えながらも、国の繁栄を願い続けた激動の生涯を描く歴史長編。(解説/諸田玲子)


【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

奈良時代の歴史を光明皇后を通じて振り返る

2017/07/18 21:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉室麟の歴史小説である。歴史小説にも色々あるが、本書は一人の人物に焦点を当てた作品である。奈良時代という古代における皇后の姿を描いている。皇后とは聖武天皇の代の光明皇后である。光明皇后については史上数々の事績が遺されている。たとえば、平城京における法華寺(尼寺)は、光明皇后が父である不比等の屋敷を提供して国分尼寺としたもので、それが法華寺となっている。また、隣接して海竜王寺があるが、遣唐使として海を渡った玄ぼうが寄宿した寺として名高い。

 葉室は、これらの人物を役者として舞台に登場させた。光明皇后が病に倒れた者、貧しい者を救済するために、悲田院、施薬院など様々な慈善施設を建設したことは有名である。法華寺にはその救済活動で使用したと言われている浴室などが遺されている。

 奈良時代と言えば、今から1,300年以上も前の時代である。これらの事績も伝説なのかも知れないが、寺の設備としてハードウェアが遺されているのは奇跡に近いであろう。この時代の小説と言えば黒岩重吾であろうか。

 黒岩は朝廷の頂点に立つ天皇を中心に後継者争いや、宗教上の出来事を描いてきた。葉室はそれに比較して、光明皇后の描き方が争いではなく、むしろ皇后の心の信じるところを描き、周囲を納得させていくという土台から成り立っているようだ。ただし、聖武天皇と光明皇后の皇子である阿閉皇女を立太子させ、道鏡を登場させる点は、本書後の混乱をすでに読者に予感させる。光明皇后の時代はあくまで穏やかな時代であったことを強調しているかのようである。

 光明皇后にとって最も衝撃的な出来事は、長屋王の変であったろう。本書では長屋王は藤原氏に対抗する勢力であるためか、敵役として描かれている。長屋王は悲劇の皇子として一目置かれる立場で描かれることが多い。しかし、本書では藤原氏の娘である光明皇后が主役なので、長屋王は敵役となったと考えられる。

 そういえば、この時代は飛鳥、白鳳から女帝が続いている。推古、持統、元明、元正、孝謙と女帝が連なる。葉室がそこをテーマとしたことは考えられないが、平成のこの時代は本書の舞台である奈良時代よりも考慮すべきことが多いのであることは明白である。象徴である天皇が退位して皇太子に譲位するだけでもこれだけの大騒動になる。

 奈良時代の政治、皇室のあり方などの研究成果が知りたいと率直に思うのである。女系や女性天皇の存在がどうとらえられていたのか、それがいつから男性に限られるようになったのかは興味深いところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/21 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/23 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む