サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 仮想通貨とフィンテック 世界を変える技術としくみ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

仮想通貨とフィンテック 世界を変える技術としくみ
仮想通貨とフィンテック 世界を変える技術としくみ 仮想通貨とフィンテック 世界を変える技術としくみ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2017/05/05
  • 出版社: サイゾー
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86625-084-7
  • 国内送料無料

紙の本

仮想通貨とフィンテック 世界を変える技術としくみ新刊

著者 苫米地 英人 (著)

注目を集めているフィンテック、仮想通貨。何がどう変わるのか? ビジネスチャンスはどこにあるのか? フィンテックで使われている暗号技術を1990年代から研究してきた著者が、...

もっと見る

仮想通貨とフィンテック 世界を変える技術としくみ

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

注目を集めているフィンテック、仮想通貨。何がどう変わるのか? ビジネスチャンスはどこにあるのか? フィンテックで使われている暗号技術を1990年代から研究してきた著者が、仮想通貨がもたらす未来を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

仮装通貨導入による日本の将来像が描かれています。

2017/05/27 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bgmmy - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1章で「仮想通貨以前に、<通貨>とはそもそも何か」を、第2章で仮想通貨と暗号化の関係を述べてビットコインのメカニズムを解説し、第3章では「ビットコインとは具体的にはどういったものか、何ができるのか」を述べ、
第4章では「ベチユニットと苫米地アルゴリズム」についての話とジャストシステムの裏話が書かれています。
特に読んで欲しいのは第5章です。
「仮想通貨が導く未来像」ということで、仮想通貨導入後の未来が克明に描き出されています。
過去に決済の主役が「金」から「紙幣」移行した歴史が書かれているため、今後は「仮想通貨」が取って変わる可能性が起こり得るという博士の主張に説得力があります。

具体的には、「銀行員が大量失業する」「クレジットカード会社がヤバイ」「メガバンクが繰り出す独自の仮想通貨」「日本の<円>の通貨発行権が日本銀行から民間に移る」
など。ただ仮想通貨はビットコインだけではありません。
博士も書かれているように将来「アップルコイン」が発行されるかもしれないですし「アマゾンコイン」も出現して
アマゾンでの決済はアマゾンコインを使用すればポイント数倍という事が起こるかもしれません。
また広告費に割安感が出るようなサービスが設計された「グーグルコイン」や「フェイスブックコイン」等も登場して
くるかもしれません。
オンラインだけに留まる事なく、オフラインでもオリジナルの仮想通貨が出てくる事により決済の主役が交代する事は本当に起こり得る話だと考えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/04 22:35

投稿元:ブクログ

なぜ通貨として成り立つかという技術的な背景が基礎から説明されている。一方向性、単調性、マイニングの説明がわかりやすかった。

なぜ、通常の通貨との交換が変動制のもと許可されたのかとか気になることは残る。
一歩掘り下げた本を読む前に全体をつかむにはちょうど良い程度だと思う。

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む