サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虚ろな十字架(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/11
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-77466-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

虚ろな十字架 (光文社文庫)新刊

著者 東野 圭吾 (著)

中原道正・小夜子夫妻は一人娘の殺害犯に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち...

もっと見る

虚ろな十字架 (光文社文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中原道正・小夜子夫妻は一人娘の殺害犯に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が死刑廃止反対を訴えてたと知り…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

死刑制度について

2017/05/26 11:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおぞら - この投稿者のレビュー一覧を見る

死刑も殺人と廃止を望んでいたが、小夜子の心情を考えると死刑を望むのも理解できる。再犯の多さ、無期懲役で、なぜ、10数年で出所するのか。最近殺人が多いと社会性も考えさせられる。
東野の小説は、引き込まれ一気に読み進む。
誰もが持つ原罪、大小は別にして、読みながら心つかまれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読みました。

2017/05/26 01:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりの東野さんのミステリー系の話。

なんかこじつけのような話でもありましたが
死刑についていろいろ考えさせられる話でした。
死刑を望む、叶う、でも終わりじゃない、単なる通過点。。

小夜子がかわいそうでした。子供を失ったうえにこんなことになって。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/26 06:42

投稿元:ブクログ

そういう物語だったのか〜
一つの事件から明らかになっていく20年前の隠された事実。

背負ってるのは虚ろな十字架。なんだか共感できた。

2017/05/22 21:38

投稿元:ブクログ

裁判の結果の量刑、法に照らしたうえとはいえ何のための刑なのか何を目標に据えた刑なのか。難しいそして重い。法という約束事が守られてこその社会だと思うけれど、目には目をと思ってしまう自分もいる。

2017/05/14 21:07

投稿元:ブクログ

中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が犯罪被害者遺族の立場から死刑廃止反対を訴えていたと知る。一方、町村の娘婿である仁科史也は、離婚して町村たちと縁を切るよう母親から迫られていた―。

2017/05/16 21:19

投稿元:ブクログ

死刑制度の是非を問う作品。結論的なものはなく、いくつかの視点から死刑に対する考え方がバランスよく描かれている。難しい問題だと思う。
小夜子のような暴走するタイプはキツイ。いくら過去の出来事があったとはいえ、自分の考えが正義とばかりに他人を批判し、追い詰める行為はどうかと思う。義父もそんな昔の未成年の行った罪に対し、現在の娘婿の地位を心配して殺人まで犯すのはどうかと思う。そもそも身体が未発達な中学生が知識もなく出産できるのかという点もどうかと思う。
突っ込みどころはところどころあるけれど、重いテーマなのに先を読ませる展開と、読後に人を殺したら死刑になるべきか、罪の償い方は死刑だけなのか等々を読者に考えさせる話の方向性がさすが東野さんだなと思う。
愛する家族が殺されたとしたら・・・考えたくないが、やはり犯人の死刑を望むと思う。それで失われた命が元に戻るわけでもないが、心情的にはそうなると思う。

2017/05/20 14:00

投稿元:ブクログ

どの人物の視点になるかで見方が変わる作品。最初は死刑判決について考える話かと思ったが、それだけではなく、人が人を裁くことの難しさ。罪を償うことの難しさ。人の感情の難しさを教えてもらいました。
二つ目の事件は哀しい事件で、どうか関わるみんなが救われるといいなと思いながら読み進めました。久しぶりに一気読みした。

2017/05/25 21:38

投稿元:ブクログ

日本の司法制度。懲罰の妥当性。
殺人と傷害致死。
殺人犯の無期懲役。改悛の情が認められれば、仮釈放で出所できる。
殺された遺族達の苦悩と虚無感。

この類の本を読むと、本当救われないとしか思えないな。裁判。不完全な人間が不完全なシステムで不完全な裁きを下すのだから、結果は不完全な結果になるのは必然だな。
贖罪の在り方が問われる一冊。

2017/05/16 19:58

投稿元:ブクログ

「手紙」に続いて難しい、というか答えの出せないテーマに取り組んだのがすごい。死刑の是非といったイチかゼロかという議論はするだけ無駄だとおもうが、いい結び方だと思う。個人的には田端の量刑が、自殺では足りなかったな、心情的に。まあ、脇役に紙面を割くのはもったいか。

2017/05/14 11:27

投稿元:ブクログ

【前書き】
読んでみて思うのは、
先に「秘密」を読んで「手紙」を読んでから、
「虚ろな十字架」でいいんじゃないかと思うのです。
気になるのは、
出版社の枠を超えちゃってるんですよねぇ。。。

文春さんではガリレオに集中したいのかな?
光文社さんで、
刑罰とか死刑制度や犯罪における被害者の加害者のその周囲の立場なんかを、
考慮しながら書いてる作品を手掛けていくのでしょうか?

文春さんが「秘密」と「手紙」で、
光文社さんが「虚ろな十字架」です。
「秘密」は感想を書いてますが、
「手紙」はまだです!
「手紙」はおいおい書いていくと思います。


【内容】
「井口沙織」と「仁科文也」が序文な。

本編に入って、
「中原道正」さんの話が始まって、
元嫁「小夜子」こと「浜岡小夜子」さんがでてくる。

11年前かな。
「中原道正」と「中原小夜子」は娘の「愛美」を殺されている。
裁判で犯人の「蛭川」は死刑になる。
その後2人は別れて11年後ですか。
「浜岡小夜子」が殺される!
殺したのは「町村作造」という68歳のおじいさん。

「浜岡小夜子」は離婚後フリーライターになっていた。
万引きの常習犯になってる「井口沙織」を取材してて違和感があったんだな!
それを踏み込んで取材してたら知ってしまった新事実!
その新事実のせいで殺されることになる。

医者になっていた「仁科文也」の嫁の旧姓は「町村花恵」
つまり、
殺人犯「町村作造」の娘なんだな。
「仁科文也」からすると義理の父が殺人犯なわけです。
聞くと、
「文也」の息子は「文也」と似てない!
で、
それは誰の子ってのが親族間で問題になってて、
追い打ちをかけるように義理の父が殺人犯になったわけだから大変な!
しかし、
なんで「町村作造」は「浜岡小夜子」を殺したんだ?
それを、
解いていくのが「中原道正」ですな。
結果は、
「仁科文也」と「井口沙織」の秘密を、
「浜岡小夜子」が、
「仁科花恵」に話してる時に「町村作造」が聞いてしまって、
殺さなければ!
と、
思って殺しちゃったんですな。

ざっくり書くとこんな感じかな。


【感想】
タイトルにもあるけど、
かぐりん的には「小夜子」が嫌い!

タロット占い師なんでタロットを絡めて書くとさ、
「正義」ってカードがあります!
これは、
ルール絶対主義なんですよ!
例えば、
人を1人殺したら終身刑!
人を2人以上殺したら死刑みたいに、
揺るがない絶対ルールのカード!
で、
「法王」とか「隠者」ってカードがあるんですね。
こちらは、
情状酌量の余地がある正義なんです!
つまり、
反省してるから人を1人殺しちゃってるけど終身刑とは言わずに、
20年刑務所に入っててくれればそれでいいよ。
と、
言った感じのカード。

離婚して���
フリーライターになった彼女は「正義」になっちゃった!
目には目を歯には歯を的な、
殺したんだから殺されろ的なのはかぐりん的には違う。
そういう経験がないけど、
ないからこそ言えるのは、
愛する人が殺されても生き返ることはないんだから、
諦めるよ。
でも、
復讐はするね!
刑務所?
甘い!
本の帯に書いてあるけど、
「我が子を殺されたらあなたは犯人に何を望みますか」
って、
生き地獄を味わせてやるから刑務所から早く出てきて!
と、
思うのがかぐりんです!
死刑になれ!
と、
絶対に思わないと考える。
自分の手で生き地獄を与えるわ!
マジで!
いくらでもその方法はある!
でも、
実際にそうなったどうするかは・・・。


「愛美」を殺した「蛭川」の弁護をした「平井」さんを、
「小夜子」は取材してたのね。
で、
「中原道正」も会いに行って話を聞いてます。
最後に「平井」が言ったのは「死刑は無力」だって言葉。
なにしろ、
犯人だった「蛭川」はめんどくさかったんだって。
裁判もですが、
生きるのがめんどくさくなってるみたいね。
運命が死刑って決まったんでめんどくさくなって受け入れました。
と、
言うことで、
反省してるとか、生きたい死にたいではなく、めんどくさいから死刑でいいや。
って。。。
だったら、
生かして生き地獄を味わせるのがかぐりんには正しいことだと思うね。
死刑は無力というか、死刑に意味なし!
やっぱり、
生き地獄を味あわせたい!
ダメ?


防犯ってどうすればいいのかな?
「蛭川」が家にいた「愛美」を殺した経緯なんですが、
「小夜子」が完璧に鍵を閉めて家をでたから誰も居ないと思って泥棒に入ったんだって!
でも、
「愛美」がいて顔も見られたから殺すんですけどね。。。
これ、
鍵を閉めないで出ればロリコン性犯罪者なんかから見たらチャンス!
って、
なるでしょうね。
しっかり防犯したつもりでもそれで犯罪に巻き込まれるし、
ぬるく防犯してもそりゃつけ込まれるよね。
どうするのが1番いい?
母子一緒に常にいる?
お留守番なんて防犯から見たら安全じゃないから常にべったりするしかないんでしょうか?
もはや、
それこそ運命ですかねぇ。。。


「仁科文也」は罪を背負ってたと思うの。
ゆえに、
小児科の医者になって何人もの子供を救ってきたしさ、
嫁だって子供だって大事にしてきたよ。
ぶっちゃけ、
20年前の罪を刑務所に入ってないけど償ってきたんじゃないかな?
それを、
根掘り葉掘り探って「罰を受けよ!」って何様だよ「小夜子」さんって思ってしまうのがかぐりんです。
よくない?
スルーでいいじゃん!
と、
思うけど「小夜子」の気持ちもわからなくないけど、
かぐりんだったら「いいよ、気にしないでいいよ、20年も前のことじゃん」
って、
スルーするわ。
つか、
スルーする��が人の道じゃないか?
と、
思うのはおかしいかな?


やっぱり、
きっとかぐりんは「罪は天罰によって」
と、
思うタイプですね。
もしくは、
天に代わっておしおきをするよ!
どっか、
セーラームーンみたくね。

2017/05/17 01:21

投稿元:ブクログ

死刑の是非という,久々に重い社会派のテーマ。でも,最終的に中途半端というか,物足りなさを感じた。最後に論点がぼやけちゃったし。

2017/05/25 20:14

投稿元:ブクログ

死刑を求める遺族。しかし遺族は本当に死刑で救われるのか。死刑の意味するものとは。遺族にとっての死刑の位置づけとは。そして裁判とは。
中々考えさせられる話。この先人生、当事者にはなりたくないものだな。にしても東野圭吾は、こんな話をポンポン書いてて本当にすごいなぁ。

2017/05/17 09:06

投稿元:ブクログ

死刑制度を題材にした,久々に重い社会派の話かと思って期待して読み進めていたのだが,最後になって焦点がぼやけて,不完全燃焼と言った感じ。ちょっと残念。

2017/05/19 15:19

投稿元:ブクログ

人を殺した人はどのような事情があろうとも死刑になるべきか。
答えのない(いや、個人的な答えを持っていたとしても人類共通の解としてとても統一できそうにない)問いかけに、娘と元妻を殺された当事者として逃げずに向き合う主人公。
理不尽に娘を殺され、「犯人に極刑を」という夫婦の望みは達せられたものの、元の幸せな状態にもどることはもはやなく2人は別れを選ぶ。
通魔による強盗殺人の被害に遭った元妻が、旺盛な正義感から「死刑制度」と向き合い、ルポライターとして自身の情熱を形にしようとしていたことを知り、主人公は元妻が殺された原因や背景を解き明かそうと奔走する。

冤罪や殺人の多様性から、「死刑廃止」を唱えるひとごいる中、元妻は「少なくとももう二度と、元殺人犯から殺される人は発生しなくなる」という理由から、一度殺人を犯した人は死刑に、と訴える元妻。
一方で、反省の気持ちもないまま死刑になることと、反省の気持ちに苦しみながら一生を贖罪に捧げることと、どちらが被害者にとって救いがあるのだろう。
闇雲に選ぶことができない答えについて、真摯に向き合った作品。

2017/05/28 15:13

投稿元:ブクログ

色々考えさせられた。赤ん坊を殺した事は、二人の罪だし、許される事ではない。かといっても、殺人者すべてが、死刑なるべきではないと思う。犯人にも、諸事情があると思う。石田さんの「北斗」を読んで思った。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る