サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

西南戦争と自由民権
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2017/07/15
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/233,5p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7664-2434-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

西南戦争と自由民権

著者 小川原正道 (著)

反政府の姿勢や挙兵計画にもかかわらず、民権運動家たちが言論活動へと転換した理由とは? 明治初期における反政府運動の思想と行動をたどり、西南戦争の知的インパクトと、自由民権...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

反政府の姿勢や挙兵計画にもかかわらず、民権運動家たちが言論活動へと転換した理由とは? 明治初期における反政府運動の思想と行動をたどり、西南戦争の知的インパクトと、自由民権運動が高揚していった背景を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

ペンか、剣か――。
明治初期における
反政府運動の模索と葛藤。

明治10年、鹿児島において、西郷隆盛を中心とした不平士族が反乱を起こす。このとき、もうひとつの反政府勢力の一大拠点・高知では、板垣退助率いる立志社が西郷に呼応して決起するのではないかと思われていた。西南戦争を契機に、日本はふたたび混乱に陥るのではないか――この可能性に、政府は動揺する。しかし、板垣は起たなかった。それはなぜだったのだろうか。

本書は、民権運動家たちの反政府の姿勢や挙兵計画にもかかわらず、開戦の報に触れてなお彼らが暴発せず、その後は言論活動へと転換した理由を実証的に明らかにし、暴力という手段の理論的位置付けを検証する。また、西郷・板垣をそれぞれ別の意味で高く評価した福沢諭吉の思惑と、彼の高知・立志学舎への支援や、これまで知られてこなかった鹿児島の民権運動家の戦前・戦後についても新たな光を当てる。

明治初期における反政府運動の思想と行動をたどり、西南戦争の知的インパクトと、自由民権運動が高揚していった背景を、歴史のなかに浮き彫りにする。【商品解説】

明治10年、鹿児島で西郷隆盛を中心に士族反乱が起きる。しかし、同じ反政府勢力であった板垣退助率いる高知の立志社はこれに呼応せず、以後、言論活動へとシフトしてゆく。本書は明治初期の反政府運動の実態を明らかにし、西南戦争の衝撃と自由民権運動が国家成立の中で持った意義を浮き彫りにする。【本の内容】

目次

  • 序章 言論と武力の狭間で
  • 第一章 明治六年政変後の「建白論」と「直接行動論」
    • 一、はしがき
    • 二、民選議院設立建白書と岩倉暗殺計画
    • 三、大教院放火事件
    • 四、むすび
  • 第二章 戦時下の高知の民権家
    • 一、はしがき
    • 二、西南戦争勃発と板垣・立志社
    • 三、京都での活動

著者紹介

小川原正道

略歴
〈小川原正道〉1976年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。同大学法学部教授。博士(法学)。日本政治思想史専攻。著書に「近代日本の戦争と宗教」「西南戦争」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

国を憂うが故の抵抗の精神

2018/06/28 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

西南戦争における西郷と板垣について言及されている。中央専制による政治の利点は激動期にある中では良い方向に作用したのだろう。しかし、どこかで歯止めが無いといけない。その気概が、国を憂うが故の抵抗の精神として述べられている。
西郷はなぜ挙兵したのかという疑問にも答えてくれる言及であろう。
そして、抵抗の方法は、武によるもの、文によるものがある。前者が西郷であり、後者が板垣である。方法は違うものの、抵抗の精神という意味では違いがない。
晩年の西郷の評価として、反逆者という評価もあるが妥当でないように思う。しかし、なぜ挙兵したのかという部分は、なかなか解答を見つけられないでいた。
中央専制に対し自治という地方分権で士族という人材を有効活用したいという部分は理解できていたものの、これが挙兵まで結びつくのか否かが疑問があったからだ。
精神論ではあるものの、抵抗の精神というものが行動に作用していたと心理的な背景を整理できると説明できるのかもしれない。
武士の気概、士族の矜持といった部分の拘りが、武による抵抗と文による抵抗の分かれ目になったのだろうと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します日本史 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。