サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 隣国への足跡 ソウル在住35年日本人記者が追った日韓歴史事件簿

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

隣国への足跡 ソウル在住35年日本人記者が追った日韓歴史事件簿

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-105367-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

隣国への足跡 ソウル在住35年日本人記者が追った日韓歴史事件簿

著者 黒田勝弘 (著)

ハーグ密使事件の謎、王妃暗殺、在日朝鮮人祖国帰還の闇…。35年間韓国で暮らす日本人記者が、激動の歴史のなかで起きたさまざまな事件を追い、現代の絡み合った両国関係の背景を浮...

もっと見る

隣国への足跡 ソウル在住35年日本人記者が追った日韓歴史事件簿

1,728(税込)

隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿

1,728 (税込)

隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハーグ密使事件の謎、王妃暗殺、在日朝鮮人祖国帰還の闇…。35年間韓国で暮らす日本人記者が、激動の歴史のなかで起きたさまざまな事件を追い、現代の絡み合った両国関係の背景を浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

日本は朝鮮半島から離れられない――

激動の歴史の中で起きたさまざまな事件を追うと、
現代の絡み合った両国関係の背景が浮かび上がってきた。

35年に渡って韓国に暮らす著者は、終始、かの地に刻まれた「日本の足跡」が気になっていた。
韓国併合、敗戦と引き揚げ、国交正常化、南北対立――
激動の歴史の中で、日本は朝鮮半島へ押しかけ、押しかけられ、引き込まれ、そして深入りしてきたのだ。
そしてわれわれは今、韓国・北朝鮮との付き合い方に悩まされている。
少し時間をさかのぼれば、その理由が見えてくる。
【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第一章  亡国へのミステリー 皇帝委任状の謎
  • 第二章  帰ってきたロシア艦隊 日露戦争は韓国で始まった
  • 第三章  竹島を遠望する 誰があの島を満身創痍にしたか 
  • 第四章  えんじゅの木は残った 閔(びん)妃暗殺事件の痛恨 
  • 第五章  日本は韓国に礼を尽くした? 広島と韓国の奇縁 
  • 第六章  李朝残影 韓国の土となった日本の皇女 
  • 第七章  旧総督府庁舎はなぜ解体されたか 『アリラン』と『感激時代』が語るもの
  • 第八章  日本人になりかかった韓国人 韓雲史と梶山季之のこと 
  • 第九章  爆発する民族感情 苦難の引き揚げ

著者紹介

黒田勝弘

略歴
〈黒田勝弘〉1941年大阪生まれ。京都大学経済学部卒業。産経新聞ソウル駐在客員論説委員。ボーン・上田記念国際記者賞、菊池寛賞、日本記者クラブ賞を受賞。著書に「韓国反日感情の正体」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

この本は全てが「書き下ろし」ではありません

2017/07/06 08:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の奥付には「本書は書き下ろしです」とあるが、1章から10章までは20年前に産経新聞社から「20世紀特派員」1巻に同題で掲載されたものの増補改訂版といったところだ。「書き下ろし」なのは、それ以降だけ。「20世紀特派員」で「近年」に韓国で出た本が否定的に紹介されているが、20年経っても「近年」だ。
 同じ「20世紀特派員」から生まれた本で、最近講談社から文庫本と電子書籍版が出た「ココ・シャネルの真実」のようにキチンと明記している本もあるから、それだけでも著者に失望してしまう。というより「ココ・シャネルの真実」の著者が当たり前だ。
 方子女王を書いた個所は「20世紀特派員」1巻が出た時には既に刊行されている「梨本宮伊都子妃の日記」が出る前の古臭いもので、呆れてしまうが、文春新書の「決定版 どうしても"日本離れ"できない韓国」226頁に「日本統治時代の朝鮮王家の歴史については最近、新城道彦著『朝鮮王公族-帝国日本の準皇族』(中公新書)が初めての本格的研究書として出された」と書いているのに、この本を斜め読みしただけではないのか、と思ってしまう。「朝鮮王公族」は河原敏明の「皇室をゆるがした女性たち」のような本を安易に依拠したように、結構、問題がある点が目立つ本だが、少なくとも英親王と方子女王については、まともな記述なのだから、何故、この本に沿って書かないのだろうか?これでは著者が批判している映画「徳恵翁主」の描写と五十歩百歩だ。「徳恵翁主」の脚本を書いた監督は別に日本人をことさら悪人として書いたわけではないらしいのは映画を見れば分かるが、自分の見たいもの、書きたいものを実在の人物に当てはめているのは、この本と同じだ。「徳恵翁主」は時代考証という点でも問題があるが、この本もそっくりだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む