サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

荒神(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/685p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-136941-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

荒神 (新潮文庫)

著者 宮部みゆき (著)

時は元禄、東北の山間の仁谷村が一夜にして壊滅状態となった。隣り合う二藩の因縁、奇異な風土病を巡る騒動…。交錯する北の人々は、それぞれの力を結集し、“災い”に立ち向かう。【...

もっと見る

荒神 (新潮文庫)

1,015(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時は元禄、東北の山間の仁谷村が一夜にして壊滅状態となった。隣り合う二藩の因縁、奇異な風土病を巡る騒動…。交錯する北の人々は、それぞれの力を結集し、“災い”に立ち向かう。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

クライマックス

2017/07/17 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フーフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

朱音様が、獣に呑み込まれ変身することは想像していましたが其の光景が頭の中であまりにも美しく、清らかに浮かび上がり心に響き思わず胸が張り裂けそうになり泣けてしまいました、又曽谷弾正を朱音様が呑み込み宗栄様たちに討ち取られる。哀しき運命、人は何かを為すために生まれて来るのでは無いか?と想わずには要られない作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わくわくする

2017/07/25 08:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HIRO - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部さんの本はいつもわくわくドキドキする。
主人公のラストが切ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマ化に期待

2017/09/13 00:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

大昔に見た大映の怪獣映画「大魔神」とか、ジブリの「もののけ姫」とか、そういう感じの時代ファンタジー・エンタメ小説。NHKでスペシャルドラマ化されるみたいですね。ストーリーはシンプルなので、映像化されるときっと面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮部みゆき風怪獣小説

2017/09/17 09:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「シンゴジラ」の元ネタとか言われていたので文庫化にあわせて久しぶりに宮部みゆき作品を読んでみる。あいかわらずリーダビリティは高い。ただ新聞小説だったせいもあるのか、ぜい肉的な、必要なのか微妙な登場人物や設定が未消化だったような気がするのがやや残念。そもそもの怪獣もこんなにでかくする意味が作品内にないと思う。映像化をある程度考えながら執筆していたんだろうなと考えると腑に落ちる点が多い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/15 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/22 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/28 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/23 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/23 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/22 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/19 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/08 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/31 06:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/26 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る