サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/28
  • 出版社: 集広舎
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-904213-48-3
  • 国内送料無料

紙の本

満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人

著者 喜多 由浩 (著)

日本人が満洲で花開かせた独自の文化・芸術、祖国を守るために命を投げ打った若者たちや辛酸を舐めた人々の物語、日本の満洲経営の中核だった一大コンツェルン・満鉄に関わるエピソー...

もっと見る

満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人が満洲で花開かせた独自の文化・芸術、祖国を守るために命を投げ打った若者たちや辛酸を舐めた人々の物語、日本の満洲経営の中核だった一大コンツェルン・満鉄に関わるエピソードをまとめる。『産経新聞』連載を再編成。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

喜多 由浩

略歴
〈喜多由浩〉昭和35年生まれ。大阪府出身。立命館大学卒。産経新聞社文化部編集委員。著書に「アキとカズ」「『イムジン河』物語」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「満洲」とは「無主の地」ではなく「空白の大地」なのか?

2017/05/10 22:32

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が韓国語が出来て、永田絃次郎や「イムジン河」の本を出しているからか、「満洲帝国」軍の朝鮮人軍官(この本では当時風に「鮮系」と表記している)は出て来るが、読める個所はそこだけ。
 まるで「満洲帝国」とは、この本では「内地人」と朝鮮人、それにロシア人とユダヤ人しか取り上げられていないので、この「国家」の公用語は日本語の他に「満語」(中国語、北京語を言い換えた表現)とモンゴル語のはずなのに、「満人」やモンゴル人が殆ど出て来ない。「満洲は満洲族の故地であるから、『支那人』がいるのはおかしい『無主の地』だ」と言っていたのは知っているが、これでは「空白の大地」だ。
 軍官学校の記述を読めば分かるが、「五族協和」と称していたはずなのに「日本人は幹部のみ」で、同じ帝国臣民だったはずの朝鮮人は最後の7期で初めて「日系扱いに変わった」とある。朝鮮人将兵で編成された有名な間島特設隊があるように、朝鮮人は日本人と違う扱いを受けていたのが分かる。「内、鮮、満」という表現があるように「満洲帝国」は皇帝をはじめ、要職には「満人」を表に立てるが日本人の官僚が支配する「内面指導」という国家だった。だからソ連参戦時に「満洲帝国」軍は「満系(中国人=満、漢)、蒙系(モンゴル人)に反乱や逃亡が相次ぎ、空中分解した」(実際はノモンハン事件でも日系軍官を射殺してソ連・モンゴル軍に投降した部隊があった)のだが、著書は「満洲帝国」の実態はある程度、分かっていても、「満系、蒙系」の証言者が出て来ないのは、本当の事を書きたくないからだろう。
 平頂山事件自体は産経の記者にしては否定出来ないからか、認めているが、その前に起きたという「ゲリラ、匪賊」による日本人虐殺事件に焦点を向けている。「撫順の日本人に、やりきれない思いが残った。抗日ゲリラに通じていた、とされる地元住民の多くは炭鉱で働く労働者である。これまで彼らと家族の暮らしを支えていたのは炭鉱の日本人ではなかったのか、それなのに……と」書かれているが、何故、こういう感情を撫順炭鉱の労働者達に持たれていたのか、書いていないのがいい例だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/13 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む