サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ファンム・アレース 5下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ファンム・アレース 5下(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293682-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ファンム・アレース 5下 (講談社文庫)

著者 香月日輪 (著)

ついに魔女との決戦の時を迎えた。度重なるピンチを乗り越えてきたララだったが、あと一歩のところで敵を倒す「天使召喚」に失敗してしまう。いったいなぜ? 絶望の淵に突き落とされ...

もっと見る

ファンム・アレース 5下 (講談社文庫)

605(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ついに魔女との決戦の時を迎えた。度重なるピンチを乗り越えてきたララだったが、あと一歩のところで敵を倒す「天使召喚」に失敗してしまう。いったいなぜ? 絶望の淵に突き落とされた彼女に、差し出されたものとは。完結。【「TRC MARC」の商品解説】

魔女の思うままの世界になどさせはしない! しかし強い意志を持って立ち向かうララにも、気持ちが揺らぐときがあった。その理由は? 聖なる魂を守るために仲間たちと共に、知恵と力を合わせて突き進むララ。そのララを命がけで守るバビロン。絶体絶命の危機から最後の最後ににララを救ってくれたのは――。 幸せは、変わらない日々の中にある。感動の完結編。【商品解説】

著者紹介

香月日輪

略歴
和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常(1)』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。他の作品に「地獄堂霊界通信」シリーズ、「大江戸妖怪かわら版」シリーズ、「下町不思議町物語」シリーズ、「僕とおじいちゃんと魔法の塔」シリーズなどがある。2014年12月永眠

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『ファンム・アレース5(下)』

2017/06/22 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界征服をたくらむ魔女アイガイアを倒すため
魔女の居城に乗りこんだララとバビロンたち

魔女の繰り出す妖魔をことごとく蹴散らしていくが
だんだんと不利な状況に追いこまれていく

講談社YA!人気シリーズ全6冊からの文庫化第6作完結編

 大きな不幸や困難に見舞われたら、それに苦しむのは当たり前のことで、
 でも、それに「押しつぶされて」いいわけがないのだ。
 時間はかかっても、手間はかかっても、いつかは必ず克服できると信じて、
 前を向いて進むしかないのである。[中略]
 私の描く主人公は、常に「そうする」者である。
 だから幸せになれるのである。

巻末の「あとがき」にある著者のモノローグが興味深い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/24 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/06 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/13 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る