サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

水声(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/07/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790881-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

水声 (文春文庫)

著者 川上弘美 (著)

【読売文学賞小説賞(第66回)】思い出すと、どこかで鳥が鳴いているような心地がする。あの、夏の夜の鳥が。死んだママの夢、時計の音、忘れえぬ人びと−。愛と人生の最も謎めいた...

もっと見る

水声 (文春文庫)

648(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【読売文学賞小説賞(第66回)】思い出すと、どこかで鳥が鳴いているような心地がする。あの、夏の夜の鳥が。死んだママの夢、時計の音、忘れえぬ人びと−。愛と人生の最も謎めいた部分に迫る、静謐な長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

夢に亡くなったママが現れたのは、都が陵と暮らしはじめてからだった。きょうだいが辿りついた愛のかたちとは。読売文学賞受賞作。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

共に生きる(過ごす)ということの重み

2017/08/25 00:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:une femme - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人になった主人公が、子供のころに過ごした夏休みを思い出す物語。

その情景は、昭和の夏や、夏休みを思わせる。

ところが、主人公の家族は、<普通>という枠に当てはまらない。そもそも、<普通の家族>というのは、幻想に過ぎないのだろうけれど。解説で、江国香織さんが、書いているように、<一般的>というのは、そもそも何なのか、ということを考えさせる物語でもあると思う。それは、主人公が、自分たちの人生を、どこかで意識せざるをえない普通と対比させながら、思い返しているからだろう。

主人公が、愛するとは、好きとは何かを考えながら、自分の気持ちは、執着という言葉が当てはまり、それでは、なぜ執着してしまうのだろう、と自問する所を読みながら、自分にとって、愛とは何か、家族とは何かを考えた。

この本のなかの人たちは、愛おしいから側にいて、一緒に時間を過ごす、生活をする、あるいは、長い時間を共に過ごしたから解り合う気持ちが強くなるといった具合に、生きている。そのような人たちの共同体を家族と呼ぶこともできるだろう。(あるいは、家族経営の会社などとも。)つまり、家族だから守るとか、恋人だからキスをするとか、形から生じるものの欺瞞とは逆なのだ。彼らのような生き方には、迷いはあっても、嘘がない。

日常の中に、生活のなかに、普通に存在している愛のようなもの、共に時間を過ごすことで生まれる何か、共有する時間を経ることで、人を結びつける大切なものを、暗に描いているように思われた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/10 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/27 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/23 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/09 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/31 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/26 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/29 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/01 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/08 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/11 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/17 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/20 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/16 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/14 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る