サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

紅霞後宮物語 第6幕(富士見L文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/15
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 富士見L文庫
  • サイズ:15cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-072345-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

紅霞後宮物語 第6幕 (富士見L文庫)

著者 雪村花菜 (著),桐矢隆 (イラスト)

康への使者に選ばれたのは、小玉ではなく班将軍だった。小玉に名誉を与えたいと思う反面、戦場という死地へ送ることに躊躇いを覚えはじめた文林。一方の小玉も、自分らしくないと感じ...

もっと見る

紅霞後宮物語 第6幕 (富士見L文庫)

626(税込)

紅霞後宮物語 第六幕

626 (税込)

紅霞後宮物語 第六幕

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

康への使者に選ばれたのは、小玉ではなく班将軍だった。小玉に名誉を与えたいと思う反面、戦場という死地へ送ることに躊躇いを覚えはじめた文林。一方の小玉も、自分らしくないと感じつつも心を持て余していて…。【「TRC MARC」の商品解説】

康への使者に選ばれたのは、小玉ではなく班将軍だった。小玉に名誉を与えたいと思う反面、戦場という死地へ送ることに躊躇いを覚えはじめた文林。一方の小玉も、自分らしくないと感じつつも心を持て余していて――。【商品解説】

著者紹介

雪村花菜

略歴
2014年、『生生流転』で瑞々しい人物描写と緻密かつ魅力的な世界設定が評価され、第2回ラノベ文芸賞金賞を受賞。改題及び改稿を加えた本作でデビューとなる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ようやくです

2017/06/19 17:34

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

後味の悪い5巻の終わり方で読み続けるべきか悩みましたが購入して良かったの一言です。文林と小玉(婚約者に捨てられた事を気にしないという形で気にし続けているように思います)という歪んだ二人の関係がようやく固まった瞬間を目の当たりにした気持ち。王太妃の可愛いところが見られたり、小玉の甥っ子本格登場?と賑やかなエピソードがいっぱい。心配なのは第一皇子の寒々しい精神の荒廃ぶりかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小玉の甥っ子、丙が癒しキャラ

2017/06/19 22:06

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんか重苦しい話が続くなか、丙の登場に和む。鵬王子が闇落ちしてて、文林何とかしろよって感じ。小玉がお腹の子供(推定)のことを文林に言えたことは前進。女がに何に怒っているかなんて男には永遠の謎だわ。勝手に溝をつくられてもほんと文林お手上げだよね。梅花にはほんと元気になって欲しい。梅花がいなかったら二人をつなぐ人がいなくなる。文林、敵だらけで可哀そうになってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第6幕読了。

2017/07/04 11:51

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:林檎と蜜柑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第5幕の後味の悪さはこちらを読んで多少解消出来ると思います。小玉が本心を文林にぶつけるシーンが良かったです。文林はいつか小玉に本心をぶつける事が出来るのでしょうか。ラストの台詞を文林に聞かせたら凄く喜びそうだ(笑)
あと、第一皇子の心の闇は、意外と文林にはわかってあげられるものかもしれませんね。文林にとっての小玉のような存在さえ見付けられれば…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

待ちに待った六幕!

2017/07/28 21:15

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

五幕とペアになる六幕。とはいえ、前巻からたった4ヶ月で新刊が読めるなんて、すばらしすぎて著者にも出版社にも感謝しかありません。発売日に日付が変わったと同時にポチることができるのは、電子書籍の幸せ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/27 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/22 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/23 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/20 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/22 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/15 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

富士見L文庫 ランキング

富士見L文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む