サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生涯投資家
生涯投資家 生涯投資家
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 120件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/21
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390665-2

紙の本

生涯投資家

著者 村上 世彰 (著)

目指してきたもの、やろうとしてきたこと、コーポレート・ガバナンスにこだわる理由…。2006年、ライブドア事件に絡み逮捕された風雲児が、ニッポン放送株取得の裏側や、投資家と...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目指してきたもの、やろうとしてきたこと、コーポレート・ガバナンスにこだわる理由…。2006年、ライブドア事件に絡み逮捕された風雲児が、ニッポン放送株取得の裏側や、投資家としての理念と思いを書き上げた半生記。【「TRC MARC」の商品解説】

「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、のちに執行猶予つき有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。逮捕間際に言ったその言葉が注目された。以後、表舞台から姿を消したが近年株式取引の世界に復帰。その動向が注目されている。
本書は、その村上氏の最初にして最後の著書であり、半生記であり、投資理念の解説書でもある。灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。ニッポン放送、阪神鉄道、東京スタイルなどへの投資において、いったい何があったのか。その投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方はどうなのか。そして今後何をしようとしているのか。
村上ファンドを率いて日本に旋風を巻き起こした著者が、その実像と思いを自ら書き上げた話題作。

(目次)
はじめに――なぜ私は投資家になったか

第1章 何のための上場か
上場のメリットとデメリット/官僚として見た上場企業の姿/コーポレート・ガバナンスの研究/ファンドの立ち上げへ――オリックス宮内義彦社長との出会い/日本初の敵対的TOBを仕掛ける/シビアな海外の投資家たち

第2章 投資家と経営者とコーポレート・ガバナンス
私は経営者に向かなかった/私の投資術――基本は「期待値」、IRR、リスク査定/投資家と経営者との分離/優れた経営者とは/コーポレート・ガバナンス――投資家が経営者を監督する仕組み/累積投票制度を導入せよ――東芝の大きな過ち

第3章 東京スタイルでプロキシーファイトに挑む
東京スタイルへの投資の始まり/十五分で終わった社長との面談/激怒した伊藤雅俊イトーヨーカドー会長/決戦の株主総会/なぜ株主代表訴訟を起こしたか/長い戦いの終わり

第4章 ニッポン放送とフジテレビ
フジサンケイグループのいびつな構造/ニッポン放送株式についてくる「フジテレビ株式」/グループ各社の幹部たちの思惑/本格的にニッポン放送への投資に乗り出す/生かされなかった私たちの提案/私が見たライブドア対フジテレビ/逮捕

第5章 阪神鉄道大再編計画
西武鉄道改革の夢――堤義明氏との対話/そして阪神鉄道へ/会社の将来を考えない役員たち/阪神タイガース上場プラン――星野仙一氏発言の衝撃/またしても夢は潰えた

第6章 IT企業への投資――ベンチャーの経営者たち
ITバブルとその崩壊/光通信とクレイフィッシュ/USEN、サイバーエージェント、GMO/楽天――三木谷浩史氏の積極的なM&A/ライブドア――既得権益に猛然と挑んだ堀江貴文氏

第7章 日本の問題点――投資家の視点から
ガバナンスの変遷――官主導から金融機関、そして投資家へ/日本の株式市場が陥った悪循環/投資家と企業がWin‐Winの関係になるには/海外企業の事例――Appleとマイクロソフト

第8章 日本への提言
株式会社日本/コーポレート・ガバナンスの浸透に向けて/モデルケースとしての日本郵政/もう一つの課題――非営利団体への資金循環/世界一の借金大国からの脱却

第9章 失意からの十年
NPO/東日本大震災について/日本における不動産投資/介護事業/飲食業/アジアにおける不動産事業/失敗した投資の事例――中国のマイクロファイナンス、ギリシャ国債/フィンテックへの投資

おわりに【商品解説】

著者紹介

村上 世彰

略歴
〈村上世彰〉1959年大阪府生まれ。投資家。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー120件

みんなの評価4.2

評価内訳

電子書籍

自分の頭で考える

2017/06/21 17:28

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moha - この投稿者のレビュー一覧を見る

物事には、裏と表がある。
村上批判はもう十分聞いた。
しかし、ここで本人の弁が聞けてよかった。
両方聞いて、知って、自分で考える。
問題もあったのだろうが十分理がある。
彼の期待通り、その人格を見直した。
この日本で意思ある人には誰にも起こりえることかも。
読んで良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

投資に対するイメージが変わる一冊

2017/12/03 11:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ms - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上世彰さんに対する世間のイメージはあまり良いものではないと思う。逮捕された事実と投資で多くの資産を築いたことが要因だろう。この本を読み、そんな村上世彰さんのイメージが一変すると同時に投資に対するイメージが一変した。
表面的な情報だけでなく、その裏に隠された真実を知るためにも読むべき一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

投資家村上世彰の人生

2019/09/19 19:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジミーぺージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上さんは、幼い頃から投資を学ぶ生活環境にあった。
多くの実体験を父と共に世界を回り、投資学を学んだ。
生まれながらの投資家サラブレッドだ。
父の教えで、先ず、通産省の官僚になり国家を学び、
40歳で村上ファンドを立ち上げた。

村上さんが目指してきた人生は何であったのか?
これがこの本を書いた目的になっている。

難しい用語も多く使われているが、具体的な企業名や人名が登場し、
実際に村上さんが関わったことが多く書かれている。
投資のノウハウ本ではなく、村上さんの投資家人生の
伝記のような本として面白く読ませて戴いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上氏の印象が、ガラッと変わる本

2017/09/08 16:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上ファンドの責任者で、フジテレビをめぐるニッポン放送株取得、阪神鉄道株取得などでマスコミに取り上げられた村上世彰氏と言えば、ほとんどの人がご存知かと思います。それら一連の騒動を通して村上氏が何を考えて行動しておられたのかをご自分の言葉で語る自叙伝的な本です。
当時のマスコミ報道から受ける印象としては「株式売買でがめつく稼ぐことだけに執着する人」みたいなマイナスイメージが大半だったのでは。この本を通じて感じるのは村上氏がアメリカ市場に比べて閉鎖的だった日本の株式市場を何とか改善しようと最初はルール作りの官僚として、次にプレーヤーの投資家として働きかけてこられた様子です。
ただ儲けるだけを目的に手段を選ばず投資するのではなく、企業をあるべき姿に近づけるための働きかけというルールを設けた中での行動であったという首尾一貫した主張は理解できます。
ただ、私は未だに「企業は株主の物」、「株主利益の最大化が企業の目的」と言い切るには何かしっくりこない部分が残っています(それが正しいかどうかは分かりませんが)。
当時の村上氏の話し方が結構高圧的で主張の内容云々に関係なく反感を買ったのはご本人も認めておられますが、本書は村上氏の言いたい事が”冷静に”まとめてある本だと感じました。ただ、その主張に共感できるかどうかは読者によって異なると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知りたかった人の人物像

2020/05/31 11:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高遠康隆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上さんと言う人について知るにはこの本が一番と思います。村上ファンドについて、当時のフジテレビの歪な構造などのことが書かれています。また村上さんの日本経済改革の提言が書かれているのですが読んでいた時には支持しましたが、コロナ禍の今には装具わないなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出る杭は打たれる

2020/01/19 11:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UMA1001 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本という国の未成熟さがよくわかる。村上氏には良い印象を持っていない人が多いと思うが、すごい人だったと改めて感じる。見切らずにこれからも日本がより良くなるために関与していただきたいと思った。
・株は上がり始めたら買え。下がり始めたら売れ。一番安いところで買ったり、一番高いところで売れると思うな
・お金は寂しがり屋。みんなで戯れたいからどんどん一か所に集まってくる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これも「国策捜査」の結果

2018/04/05 08:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書のとおりの意図を持って行動した結果が「インサイダー取引」による起訴は、ある意味、当時の日本社会の世論同行に基づく「国策捜査」による結果ということだろうう。サイバーエージェントの藤田や光通信の重田、堀江などとの接点が興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2018/08/12 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みな - この投稿者のレビュー一覧を見る

裏を知る人間にとっては何も新たに知ることはないかな。まあ、うまいことホリエモンをやったことはすごいなと思うけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/17 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/15 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/10 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/16 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/16 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/02 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

投資・資産運用 ランキング

投資・資産運用のランキングをご紹介します投資・資産運用 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。