サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 裁判官はこう考える弁護士はこう実践する民事裁判手続

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

裁判官はこう考える弁護士はこう実践する民事裁判手続
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:実務家
  • 発売日:2017/09/20
  • 出版社: 学陽書房
  • サイズ:21cm/241p
  • 利用対象:実務家
  • ISBN:978-4-313-51163-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

裁判官はこう考える弁護士はこう実践する民事裁判手続

著者 柴崎 哲夫 (著),牧田 謙太郎 (著)

裁判官と弁護士が、若手の裁判官と弁護士に向けて、民事訴訟手続を進めるにあたって考慮すべき事項を論じ、意見交換を行う。「弁護士から見た訴状の作成・提出」「裁判官から見た争点...

もっと見る

裁判官はこう考える弁護士はこう実践する民事裁判手続

3,024(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

裁判官と弁護士が、若手の裁判官と弁護士に向けて、民事訴訟手続を進めるにあたって考慮すべき事項を論じ、意見交換を行う。「弁護士から見た訴状の作成・提出」「裁判官から見た争点整理手続」など、全10章を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

現役の裁判官と弁護士、腹を割って語る!民事裁判手続について法曹二者が互いに意見を交わす、業界注目必須の1冊。よりよい民事裁判のために求められるものとは?若手もベテランもここに新しい気付きが必ずある!【商品解説】

目次

  • 第1 民事裁判手続の意義                   
  • 1 民事裁判手続はどのような意味及び特色を持つか
  • (1)民事裁判手続は紛争解決のためにある
  • (2)処分権主義と弁論主義
  • (3)紛争解決における当事者の納得の重要性
  • (4)裁判官が的確に認定すべき「事実」とは
  • (5)認定すべき事実の「範囲」
  • (6)事実認定に踏み込まないままの判決をした失敗談
  • (7)弁論主義,要件事実理論に対する「曲解」?
  • (8)要件事実理論は,それでもやはり重要である

著者紹介

柴崎 哲夫

略歴
〈柴崎哲夫〉早稲田大学法学部卒業。千葉地方・家庭裁判所松戸支部判事。共著に「民事訴訟法辞典」がある。
〈牧田謙太郎〉早稲田大学法学部卒業。弁護士(柏綜合法律事務所)。共著に「慰謝料算定の実務」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/11/02 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る