サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

教団X(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/22
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/601p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745591-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

教団X (集英社文庫)

著者 中村文則 (著)

自分の元から去った女性は、公安から身を隠すカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める…。【...

もっと見る

教団X (集英社文庫)

864(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の元から去った女性は、公安から身を隠すカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める…。【「TRC MARC」の商品解説】

謎のカルト教団と革命の予感。4人の男女の「運命」が重なり合い、この国を根底から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。世界で注目を集める著者の最長にして圧倒的最高傑作、待望の文庫化!


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

教団X感想

2017/07/19 06:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:右ソルデ - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり難しかったけど、ヒントに満ちていて、かなり勉強になった。読み終えた後、私の中の財産が増えました。
人間とは何か、どうやって生きるか、死とは何か、幸せとは何か、考えるきっかけになりました。
私なりに精読し、そしてもう一度読もうと思う生きる上でもかなり重要な財産です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦行

2017/07/19 17:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱやぱや - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメトーークで若林、又吉が絶賛してたので文庫になるのを楽しみにしてましたが...
どこが良いのかサッパリ...読書を極めた人間じゃないと楽しめないのかな?
本当はマイナス点を付けたい!
作者の精神状態が心配になりました。
この本を読破することが教団Xからの最大の苦行でした...
この作者の作品は二度と手に取りません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感想が難しい

2017/07/25 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫になったので購入しました。
話がどうにも重たすぎる。
「教祖の奇妙な話」は面白かった。こういう発想もあるのかと。
まぁ、それが宗教なんだろうけど。
でも、性的な部分も含めて、基本的に発想が極端なのかなぁと感じました。
感想が何とも難しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好き嫌いがわかれる

2017/08/02 17:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこる - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに読みにくい部分もあり、教祖のお話は特に文字がページにびっしり。ギョッとする時も有りましたが、、、。
でもどちらかというとストーリー部分より、このお話部分が好きでした。ストーリーよりこっちがメインで書きたかったのかなあと、思いながら読んでいました。
残念なのは登場人物の描写がほぼないので、何をしもボンヤリしたイメージしかないような感じで、何か物足りない。
エンターテイメント性を求める小説ではないのだと途中から気づきましたが、私はとても楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多すぎる性描写に辟易

2017/09/13 20:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編でも長編に勝る深みのある小説もあれば、長編なのに短編に満たない内容のものもある。
この本は後者。

おそらく作者自身が抱いている貧困や戦争責任といった社会への問題が、ところどころ書かれている。
それ自体は別に構わないが(書き手が、その主張に酔っているのが伝わって、少し気持ち悪いが)、それらの問題意識が、肝心の教団(の教義)とどのように繋がってくるのか、まったくもって不明。

教団の中では、単にフリーセックスが行われているだけで、その描写がダラダラと続き辟易する。
曲がりなりにも、信者を集めている教団なのに、信者たちが何に惹かれて入信しているのか、さっぱり分からない。

だから、クライマックスとなるべきテロの必然性が全然響いてこなかった。

※内容とは関係ないが、やたらと出てくる「微かに」という表現が目についた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/16 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/06 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/30 02:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/02 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/16 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/18 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/09 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/23 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/17 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る