サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かたづの!(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/22
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/489p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745593-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

かたづの! (集英社文庫)

著者 中島京子 (著)

【河合隼雄物語賞(第3回)】【歴史時代作家クラブ賞作品賞(第4回)】【柴田錬三郎賞(第28回)】慶長5年、根城南部氏当主直政の妻・袮々は片角の羚羊と出会う。直政と幼い嫡男...

もっと見る

かたづの! (集英社文庫)

821(税込)

かたづの!

756 (税込)

かたづの!

ポイント :7pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【河合隼雄物語賞(第3回)】【歴史時代作家クラブ賞作品賞(第4回)】【柴田錬三郎賞(第28回)】慶長5年、根城南部氏当主直政の妻・袮々は片角の羚羊と出会う。直政と幼い嫡男が立て続けに不審な死を遂げた直後から、叔父の三戸南部氏・利直の謀略が見え隠れし始める。困難に袮々は機転と知恵だけで立ち向かう…。【「TRC MARC」の商品解説】

柴田錬三郎賞、歴史時代作家クラブ賞作品賞、河合隼雄物語賞の3冠を受賞し、王様のブランチブックアワード2014の大賞にもなった話題作の文庫化。実在した南部八戸の女大名の一代記。(解説/池上冬樹)


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目に見えない力で生きる

2017/07/12 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

祢々と羚羊の出会いから始まる。祢々は不思議な魅力に溢れる女性で羚羊はじめ、河童、猿など生きとし生けるものから愛され、加護を受ける。祢々は何事にも冷静で、ずっと先を見て判断を下す。(時々、毒も吐くが)そして人間だから動物だからなど差別せず、心と眼差しを傾ける。夫、息子、娘、最後には故郷を捨てざるを得ず、幸福とは言い難い人生だったかもしれないが祢々は知っていた。味方がたくさんいることを。だからこそ波乱に満ちた人生を生き抜くことができた。羚羊、河童の祢々への敬愛が微笑ましく、そして素晴らしいのが本書の魅力。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/30 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/17 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/20 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/30 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/05 05:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/09 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る