サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 西表島探検 亜熱帯の森をゆく

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

西表島探検 亜熱帯の森をゆく
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/08
  • 出版社: あっぷる出版社
  • サイズ:21cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87177-342-3
  • 国内送料無料

紙の本

西表島探検 亜熱帯の森をゆく

著者 安間 繁樹 (著)

長年、イリオモテヤマネコ研究のために西表島を歩き続けてきた筋金入りのフィールドワーカーが綴る、秘境単独踏破行。笹森儀助「南嶋探験」の足跡を辿りつつ、観光では味わうことので...

もっと見る

西表島探検 亜熱帯の森をゆく

2,592(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長年、イリオモテヤマネコ研究のために西表島を歩き続けてきた筋金入りのフィールドワーカーが綴る、秘境単独踏破行。笹森儀助「南嶋探験」の足跡を辿りつつ、観光では味わうことのできない西表島最深部の魅力を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安間 繁樹

略歴
〈安間繁樹〉中国内蒙古生まれ。世界自然保護連合種保存委員会ネコ専門家グループ委員。イリオモテヤマネコの生態研究を最初に手がけ成果をあげた。市川市民文化ユネスコ賞受賞。著書に「西表島自然誌」他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

西表島を通して自然の厳しさと雄大な美しさを感じさせられる本!

2017/06/11 17:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:villosa - この投稿者のレビュー一覧を見る

イリオモテヤマネコの研究者であり,青春を西表島に賭けた安間繁樹博士だからこそ著わすことができた本です。西表島の自然やそこに息づく文化があり,それらに愛情を注ぐ著者の姿を感じます。

自身がフィールドに出ることで,自然の息吹を感じ,野生動物に逢う。そこから探究心が生まれ,研究・学問へと深みを帯びることを知っている著者は,今も西表島を隈なく歩き,記録を残している。安間氏が歩いた行程を記す詳細な地図が本文と共に掲載されている。実際に歩いた人でなければ書けないコメント(たとえば,「大浜から南風見田の浜」の地図には,「干潮時,ギシャーマ石あたりから南風見田の浜まではリーフ上を歩くと非常に楽で時間も短縮できる。しかし,満潮近くなると南風見田の浜の前は深くなる。潮の具合を観ながら歩くことが基本だが,ナイヌ浜あたりで岸に戻った方が無難」等)が,多く書かれている。情報量の多さに驚かされると共に,安全に西表島を歩くための知恵をもらうことができる。

一般的な観光ではなく,西表島の自然を全身で感じたい人にとって,座右の銘になることは間違いない。島の横断時の服装,持ち物,野営についてのことはもちろんだが,それぞれの持ち物の重量(10グラム単位で表記。山歩きで不要な物は持って行かない,必要な物でも必要以上に持てばザックが重くなり,行程がキツくなるのだ)や,干潮時刻の算出法まで記されている! 安間氏が自身の安全を大切にしていることが分かると共に,同士として西表島の自然に触れようとする人の安全を祈っていることが分かる。

また,本書は現在の西表島についてのみ記しているのではない。安間氏の青春時代に撮りためた写真が多く掲載されている。さらに,安間氏は,笹森儀助の著書に著わされている西表島をも見据えている。笹森儀助は,1893(明治26)年に沖縄群島から先島諸島への旅をした。明治時代の国税調査のようなデータとともに,笹森が道中遭遇した出来事,風習,自然景観なども取り上げられている。120年を超えて,西表島の,あるいはそこに住む人々の,変化あるいは変わらないことを感じ取ることができる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する