サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる
タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/30
  • 出版社: 玄光社
  • サイズ:19cm/183,29p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7683-0851-6
  • 国内送料無料

紙の本

タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる

著者 野瀬 奈津子 (著),松岡 宏大 (著),矢萩 多聞 (著)

南インドにある社員50人に満たない小さな出版社・タラブックスは、紙から印刷、製本に至るまで手づくりの美しい絵本を生み出している。様々な絵本賞等を受賞するタラブックスの本づ...

もっと見る

タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる

2,376(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

南インドにある社員50人に満たない小さな出版社・タラブックスは、紙から印刷、製本に至るまで手づくりの美しい絵本を生み出している。様々な絵本賞等を受賞するタラブックスの本づくりの哲学、働き方、生き方を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

ミリオンセラーの手づくり絵本を生み出す、奇跡の出版社の秘密!
谷川俊太郎氏 推薦/「書く人、描く人、作る人、本作りで家族になった人たちの豊かな暮らしっぷり。」

 世界中の本好きを魅了し、奇跡の出版社とも呼ばれる南インドの「タラブックス」。
 圧倒的に美しい本を次々と世に送り出し、ボローニャ・ブックフェア・ラガッツィ賞をはじめ、数々の賞を受賞している。手漉きの紙に、シルクスクリーンによる手刷りの印刷、製本もすべて人の手によって行われているというのだから驚きだ。発注から納品まで1年かかってしまうこともあるスローな生産スピードにもかかわらず、いまや数万部のベストセラーをいくつも抱える、世界で最も注目される出版社……。彼らはいかにしてこのような素晴らしい本を作り、世に知られることとなったのか?
 実は日本でよく知られているハンドメイド絵本の他に、オフセットで作られたものも多数存在する。それらも含め世界各地で長く読み継がれているのは、彼らの社会や文化へのまなざしが根底に流れているからに他ならない。本書は「デザイン書」、「本の本」という枠組みを越え、これからの生き方、働き方に対するヒントが詰まった一冊です。
5章 絵本「夜の木」の世界へ
6章 日本とタラブックス
7章 ギータ・Vギータ インタビュー
巻末 既刊カタログ【商品解説】

著者紹介

野瀬 奈津子

略歴
〈野瀬奈津子〉編集者&ライター。旅と茶道をテーマにした書籍や雑誌、イベントの企画・編集に携わる。
〈松岡宏大〉カメラマン&ライター&編集者。南アジアなどを中心に辺境エリアのガイドブックの取材・編集に携わる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「誰もが美しい宝物を持っている。それを引き出し、本にするのが私たちの仕事です」

2017/09/21 17:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

心をとらえて離さない絵本がある。

一瞬にして虜になる。

人と人との出会いもそうだけど、
絵本との出合いもそうだ。

それには、やはり深い理由があるのです。

タラブックス。
インドの小さな出版社です。
社員は50人にも満たないのですが、美しい手作りの絵本を作り出し、
世界中の絵本好きを魅了し続けています。

もともとは「子どもに読ませたい本がインドでは手に入らない」
タラブックスの出発点はここでした。
ブックフェアで出会った二人が意気投合して子どもむけの出版社を始めようとなったのです。

そうして、子どもに純粋な読書のよろこびを与えられる本、
インドだからこそ生み出せ絵る本を作り出す。
その想いを持ち続け、会社設立から20年が過ぎました。

タラブックスで働く人々のインタビューを興味深く読みました。
それぞれが自分の仕事に誇りを持ち、のびのびと楽しそうに働いている。
一つ屋根のしたで本を作る仲間たち、そんな家庭的な雰囲気が伝わってきました。

「誰もが美しい宝物を持っている。
それを引き出し、本にするのが私たちの仕事です。」とタラブックス代表のギータ・ウォルフさんは言います。

実際、インドのタラブックスを訪れた装丁家の矢荻多聞さんは「そうか、人は人をしあわせにするために本を作っているんだ。
タラブックスの本をつくる人たちと出会ったあとには、そんな気恥しい言葉もすとんと胸に入ってくる。」と。

二人の言葉を聞き、タラブックスの絵本が世界中の人を魅了する理由が、しみじみ分かった気がしました。

作り手の息吹まで感じられるタラブックスの絵本の中には、
心を揺り動かす絵本との出合い、たくさんあります。

巻末にはブックリストがあり、日本語版も多数紹介されています。
ぜひ、手に取ってみたいと思いますよ、きっと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/01 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/30 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

出版・編集 ランキング

出版・編集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む