サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒロのちつじょ
ヒロのちつじょ ヒロのちつじょ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/27
  • 出版社: 太郎次郎社エディタス
  • サイズ:19cm/93p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8118-0822-2
  • 国内送料無料

紙の本

ヒロのちつじょ

著者 佐藤 美紗代 (著)

彼には、変わった癖やこだわりがある。そこには彼の世界がつまっている。その無数のこだわりの中に、ヒロの「秩序」があるのだ−。ダウン症の兄・ヒロの日常を、大学生の妹が絶妙な距...

もっと見る

ヒロのちつじょ

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彼には、変わった癖やこだわりがある。そこには彼の世界がつまっている。その無数のこだわりの中に、ヒロの「秩序」があるのだ−。ダウン症の兄・ヒロの日常を、大学生の妹が絶妙な距離感でほんわかと描いたイラストエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

ダウン症の兄・ヒロには、少し変わった癖やこだわりが数えきれないほどある。

返事があるまで「おはよ」を連呼。
シーツはいやで真夏でも毛布。
体をゆらゆらさせるのが好き。
病院と鏡が大きらい。
Tシャツの裾はパンツにイン。
お迎えの車へはいつもダッシュ。
おやすみのまえはハイタッチ。

私はヒロのそんな癖やこだわりがとても人間的でおもしろいと思った。
そこにはヒロの世界がつまっていて、ヒロの「秩序」があるのではないだろうか──。

ヒロの一日を、美大生の妹が3歩の距離からゆるーく見つめ、
個性的でも、凡庸でもない、ヒロの世界をかたちづくる「秩序」を活写するフルカラー・イラストエッセイ。

巻末にはダウン症の娘をもつ環境哲学者・最首悟が解説を特別寄稿。【商品解説】

目次

  • 【あさ】
  • 起床
  • ソファでまったり
  • ひとり笑い
  • 着替え
  • 着替え完了
  • トイレ問題
  • 朝食
  • へんな音
  • かたづけ

著者紹介

佐藤 美紗代

略歴
〈佐藤美紗代〉1990年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。カナダで暮らし、ソーシャルワーカーになるため、ダウン症、自閉症といった発達障害について勉強。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵本のような本

2017/09/18 09:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本かと思って手に取りました。大きく絵があり、ちょっと文があり、スタイリッシュで絵本みたいです。

読み始めたとき、自閉症…かと思っていた。こだわりが似ていたから。でもダウン症でも、そういうことがあるとは。症状はそれぞれと聞いていたけど、なるほど。

個性的なお兄さんの日常が、さらっと書かれているけれど、さらっと書けるまでには、山あり谷あり、だったことも伺われる。

「ヒロ」さんのカラーリングには何か親しみがあり、何だろうと考えると、アニメの「ドラえもん」のジャイアンだった。
そんなところもヒロさんに親しみを覚える一因かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む