サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日米同盟のリアリズム(文春新書)
日米同盟のリアリズム(文春新書) 日米同盟のリアリズム(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/07/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-661135-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

日米同盟のリアリズム (文春新書)

著者 小川和久 (著)

日米同盟が解消されれば、米国は世界のリーダーの座から転落する。中国と北朝鮮は、日米同盟の真の凄みを熟知しているからこそ、最後の一線は越えられない…。「世界最強の同盟」の真...

もっと見る

日米同盟のリアリズム (文春新書)

950(税込)

日米同盟のリアリズム

950 (税込)

日米同盟のリアリズム

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日米同盟が解消されれば、米国は世界のリーダーの座から転落する。中国と北朝鮮は、日米同盟の真の凄みを熟知しているからこそ、最後の一線は越えられない…。「世界最強の同盟」の真実を徹底解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

中国・北朝鮮は怯えている。
日本人だけが知らない 世界最強の「戦争力」の真実!

北朝鮮は核開発と弾道ミサイルの開発を続け、日本を標的にすると公言してはばからない。中国は海洋進出への野望をむき出しにし、東シナ海と尖閣諸島周辺での示威活動がニュースにならない日はないほどだ。そんな中、アメリカのトランプ大統領は在日米軍の撤退をチラつかせている。はたして私たち日本人は安全でいられるのか?
結論からいえば、日米同盟は中国・北朝鮮に対して、きわめて有効に抑止力として機能している。たとえば中国・北朝鮮の潜水艦は、すべて日米に行動を捕捉され、ニックネームまでつけられている。隠密行動が最大の強みである潜水艦がこの有り様では、日米の手のひらの上で遊ばされているようなものだ。中国・北朝鮮は日米同盟の強力な軍事力に怯えているからこそ、表向きの粗暴さとは裏腹に、実際の行動はおとなしい。
また、日米同盟はアメリカにとって死活的利益である。日本列島は地球の半分(西半球)でのアメリカの軍事力を支える「戦略的根拠地」として機能している。在日米軍基地は、出撃機能、インテリジェンス機能、ロジスティクス機能のどれをとっても米本土なみの戦略拠点であり、日本の基地負担は金額・割合とも世界ダントツである。
もし日米同盟が解消されれば、アメリカは太平洋から中東に至る地域での覇権を喪失する。日本を失ったアメリカの言うことなど、ロシアや中国どころか北朝鮮も聞かなくなり、アメリカは世界のリーダーの座から即刻転落するだろう。そんなアメリカが、日米同盟をみずから手放すわけがない。
本書は、日米同盟という世界最強の軍事力が、いかに中国・北朝鮮を抑え込んでいるかを具体的に解き明かす。
また、中国が日米同盟に仕掛けている現代版「孫子の兵法」ともいえる「三戦」、「A2/AD」の思考も詳しく紹介。著者ならではの最新データも盛りだくさん。
まさに本書1冊で丸わかり。防衛大臣より賢くなれる!【商品解説】

日米両国はいかにして中国・北朝鮮を封じ込めているのか? もし日米安保が破棄されたら? 安全保障の第一人者がズバリ解説。 【本の内容】

日米両国はいかにして中国・北朝鮮を封じ込めているのか? もし日米安保が破棄されたら? 安全保障の第一人者がズバリ解説。【本の内容】

著者紹介

小川和久

略歴
〈小川和久〉1945年熊本県生まれ。同志社大学神学部中退。静岡県立大学グローバル地域センター特任教授。特定非営利活動法人・国際変動研究所理事長。軍事アナリスト。著書に「危機管理の死角」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

防衛関係のニュースに触れる際の基礎知識を与えてくれる好著

2018/05/01 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

日米同盟が日本だけではなく、アメリカにとっても戦略的にいかに重要であるかという点を、対北朝鮮、対中国という観点で述べた本。
「アメリカに守ってもらっている」という意識が大勢を占める現状の日本ですが、著者は日本の存在こそがアメリカがアジアで主導権を握る上で欠かすことのできない要件で、アメリカにとっても非常にメリットのある関係であることを解説しています。
軍の近代化や空母の保有など装備面で目を引く中国人民解放軍ですが、実は有事の際の運用面では米軍に遠く及ばない事、自衛隊は米軍と協力することを前提に装備計画が立案されており、米軍なしでは日本の防衛が成り立たない事、日本の核保有はコスト面や外交面で全く割の合わない選択肢である事など、安全保障に関する興味深い事実をデータやニュース記事をもとに判りやすく解説しています。
北朝鮮のミサイル試射の報道などマスコミがちょっと扇動的に扱うケースが多いので、それに振り回されないために読んで損はしないのではと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/22 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/30 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/26 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/22 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/18 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/28 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む