サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バチカン奇跡調査官 16 二十七頭の象(角川ホラー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

バチカン奇跡調査官 16 二十七頭の象 (角川ホラー文庫)

著者 藤木稟 (著)

平賀とロベルトは、バチカン美術館にある絵画の前にマリア様が現れて預言をするという噂について調べるように命じられる。一方ローマ郊外の街では、十字路に描かれた奇妙な紋章の上で...

もっと見る

バチカン奇跡調査官 16 二十七頭の象 (角川ホラー文庫)

778(税込)

バチカン奇跡調査官 二十七頭の象

778 (税込)

バチカン奇跡調査官 二十七頭の象

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平賀とロベルトは、バチカン美術館にある絵画の前にマリア様が現れて預言をするという噂について調べるように命じられる。一方ローマ郊外の街では、十字路に描かれた奇妙な紋章の上で変死体が見つかる怪事件が起きていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

バチカン美術館の絵画の前にマリア様が現れて預言をするらしい――平賀とロベルトが新たに取り組むことになった預言の噂は、やがて世界を混乱に陥れる事態になり!? 天才神父コンビ、衝撃の新展開!!!【商品解説】

著者紹介

藤木稟

略歴
大阪府出身。1998年『陀吉尼の紡ぐ糸』でデビュー。ミステリーや伝奇など、多岐にわたるジャンルで活躍する。著書に「陰陽師 鬼一法眼」シリーズ、『ハーメルンに哭く笛』『黄泉津比良坂』『太古の血脈』など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

ニアミス

2017/10/01 18:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

バチカン美術館にマリア様が現れたとの奇跡を調査する平賀とローレン。
同じ時期にローマ郊外で発生した連続殺人事件。それを捜査するアメデオとフィオナ。
フィオナのマスター、ローレンの推理で2つの事件は解決される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

フィオナとキーンの大冒険

2017/10/22 15:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかよさん。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の探偵役はカラビニエリ3〜
フィオナ、バチカンコンビと出会うの巻。
いつ出会うの?!と後半迄ずっと焦らしプレイ。
チラ見せ◯ーレンも小憎らしい...
(早く◯ーレンに会いたいよーな、もっと焦らされたいような...)

レギュラー人物の新情報とか時間トリックとか、妄想と現実ごちゃ混ぜでちょいしんど目。
でも出会いに導く要素なのでちょい我慢。

本日のロベルト飯は「茄子とルッコラのチーズサンド」
ベトナム風サンドは事件に押されて未完成だったけど、欠食児童にパンとチーズを忘れない咄嗟のロベルトが、私のツボ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

盛り上がれなかった

2017/09/17 19:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファティマ予言という大ネタのわりに集団ヒステリーくらいでお茶を濁された感じ。作中の青年の行動を明確に描写・説明できていれば島田荘司の「異邦の騎士」のような魅力的作品になったのではないかと少し残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今回は買わなくていい

2017/07/25 10:23

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書灯 - この投稿者のレビュー一覧を見る

単刀直入に言います。
ロベルトと平賀はほとんど出てきません。
謎解きするのはカラビニエリに協力している心理学者のフィオナです。フィオナ嫌いじゃないしむしろ好きですが、本編の80パーセント以上も活躍してしまうともはやバチカン奇跡調査官じゃない。
肝心の奇跡も、平賀が科学的に解明するのではなく、CGでした~、の一言であっさり終わってしまいます。なんだこれ。
ちょっとがっかりの一冊でした。
次回に期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

馬鹿馬鹿しい

2017/10/13 07:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

元から捻りに捻ったトリックや世界観などは期待していませんが、それにしても酷い
キャラが好きだからキャラがいないと辛いとかそういうレベルじゃない
平賀とロベルトがいないと隠しきれないくだらないトリックに世界観が悪目立ちし過ぎた巻です
バチカン奇跡史上最低最悪でしょう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/06 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/12 08:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/25 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/29 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/12 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/22 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/06 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/08 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/30 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む