サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鹿の王 2(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/17
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/333p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-105508-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鹿の王 2 (角川文庫)

著者 上橋菜穂子 (著)

【日本医療小説大賞(第4回)】【本屋大賞(第12回)】謎の病で全滅した岩塩鉱を訪れた若き天才医術師ホッサルは、それが伝説の疫病であることに気づく。古き疫病は何故蘇ったのか...

もっと見る

鹿の王 2 (角川文庫)

691(税込)

鹿の王 2

691 (税込)

鹿の王 2

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本医療小説大賞(第4回)】【本屋大賞(第12回)】謎の病で全滅した岩塩鉱を訪れた若き天才医術師ホッサルは、それが伝説の疫病であることに気づく。古き疫病は何故蘇ったのか。治療法が見つからぬ中、ホッサルは疫病に罹りながらも生き残った囚人がいると知り…!?【「TRC MARC」の商品解説】

謎の病で全滅した岩塩鉱を訪れた若き天才医術師ホッサル。遺体の状況から、二百五十年前に自らの故国を滅ぼした伝説の疫病“黒狼熱”であることに気づく。征服民には致命的なのに、先住民であるアカファの民は罹らぬ、この謎の病は、神が侵略者に下した天罰だという噂が流れ始める。古き疫病は、何故甦ったのか。治療法が見つからぬ中、ホッサルは黒狼熱に罹りながらも生き残った囚人がいると知り……!? 【商品解説】

著者紹介

上橋菜穂子

略歴
作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (16件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

複雑な世界

2017/06/29 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

場面がどんどん展開し、新しい事実がわかるなかに、まだまだ明らかにならない事実が隠されている。
おまけに、主人公格の二人の窮地の場面で、以下続刊・・・早く読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うまいよなあ

2017/08/24 21:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

展開の仕方が。ホッサル側からの物語とヴァン側からの物語がいいところで、からっと切り替わっていく。上橋さん巧みな作家になっております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サエとユナ

2017/09/14 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホッサルの治療が始まった・・・
王幡候とアカファ王のはざまで。
一方ヴァンは、自分の異変について実感と理解を!?
サエ再登場!彼女の立ち位置は!?
そしてユナは!?
個人的に、ずっとヴァンを追っかけていたいと思いつつ 3に進みます♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんか難しかった

2017/10/01 19:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

どういう方向に話が行くのかまだ見えてこず、また、病が人為的に発生させられているようでもあり、当初思っていた話より複雑で、なんとなく難しかったですが、ヴァンとホッサルが、今後、どう巡り会うかも楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すぐさま3巻読むぞ

2017/07/28 00:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

よしよし、第3巻、4巻が発売されたので満を持して読む。とにかくスピード感があって読者を飽きさせない。そしていいところで続く!という王道の手法。人を死に至らしめる半分謎の病の闇が見えてきた2巻目。ホッサムって悪人かと勝手に思い込んで読んでいた1巻だったけど、医師として志の高い立派な人なのね。見直した。ヴァンとユナ、「裏返る」力をつけてしまった二人。いいように作用するのか、それとも二人を苦しめるのかそこはまだ分からない。しかもユナが!ホッサムとマコウカンも捕われるし、あー大ピンチじゃないですか。3巻、3巻と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/03 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/14 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/20 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/22 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/23 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/15 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/11 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る