サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 学生を自己調整学習者に育てる アクティブラーニングのその先へ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

学生を自己調整学習者に育てる アクティブラーニングのその先へ
学生を自己調整学習者に育てる アクティブラーニングのその先へ 学生を自己調整学習者に育てる アクティブラーニングのその先へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/07/14
  • 出版社: 北大路書房
  • サイズ:21cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7628-2978-9
  • 国内送料無料

紙の本

学生を自己調整学習者に育てる アクティブラーニングのその先へ新刊

著者 L.B.ニルソン (著),美馬 のゆり (監訳),伊藤 崇達 (監訳)

学生が、認知的過程・感情・動機づけ・行動・環境を含む自身の学習を自己調整できる活動や課題を多数紹介。メタ学習スキルの高い人材育成に向けて、大学教職員、企業教育担当者たちを...

もっと見る

学生を自己調整学習者に育てる アクティブラーニングのその先へ

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

学生が、認知的過程・感情・動機づけ・行動・環境を含む自身の学習を自己調整できる活動や課題を多数紹介。メタ学習スキルの高い人材育成に向けて、大学教職員、企業教育担当者たちをアクティブラーニングの先へと案内する書。【「TRC MARC」の商品解説】

深くて持続的な学びには,自己の信念・価値・結論・思考過程を内省的・探究的に観察する「自己調整」が必要となる。クリティカル・シンキングも,スキルの習得についても同様である。メタ学習スキルの高い人材をいかに育成するか。大学教員,高校教師,企業教育担当者たちを,アクティブラーニングを超えたその先に案内する。


◆産業革新機構会長CEO/日産自動車取締役 志賀俊之氏推薦!
好奇心はすべての学びの始まり。
この本が,学ぶ勇気,教育への勇気を呼び起こしてくれます。

◆大阪大学総長(第18代)/情報処理学会会長(第29代) 西尾章治郎氏推薦!!
激変する社会に対応しうる人材が求められるなか,
高度な知見に基づいて,大学や企業における人材育成に
多くの示唆を与えてくれる。



◆主な目次
第1章 自己調整学習とは何か,学習をどう促すか
第2章 コースの開始時点から自己調整学習を促す
第3章 読む,見る,聞くことの自己調整
第4章 実際の講義における自己調整学習
第5章 メタ課題による自己調整学習
第6章 試験と小テストによる自己調整学習
第7章 タイミングの異なる自己調整学習の活動
第8章 自己調整的な行動を促す
第9章 自己調整学習を取り入れたコースの終わり方
第10章 成績評価を行うべきか? あるいは別の方法は?
第11章 自己調整学習をコースデザインに統合するように計画すること
第12章 統合されたコースのモデルと学生にもたらす効果【商品解説】

目次

  •  自己調整学習の課題と活動の早見表
  •  はしがき
  •  序 文
  •  謝 辞  
  • 第1章 自己調整学習とは何か,学習をどう促すか
  •  学習者としてのわれわれの学生
  •  自己調整vs.メタ認知
  •  自己調整vs.熟慮された練習
  •  自己調整の理論的な源泉

著者紹介

L.B.ニルソン

略歴
L.B.ニルソン(Linda B. Nilson)
 リンダ・ニルソンは,クレムゾン大学教育効果改革オフィス(OTEI)の創立時の責任者であり,現在,第3版が出版されている『ベストな状態で教育を―大学教員のための研究に依拠したリソース―』(Jossey-Bass,2010)と『図解シラバスと成果マップ―あなたの授業科目をよりよく伝えるために―』(Jossey-Bass,2007)の著者である。また,『学びを向上する教室でのノートパソコンの活用』(Jossey-Bass,2005),25巻から28巻にわたる『高等教育の改善―学部,教育,組織の開発のためのリソース―』(Anker,2007,2008; Jossey-Bass,2009,2010),他にも高等教育の専門職・組織開発(POD)ネットワークの主要な出版物の共編者でもある。
 さらに,ニルソン 博士は,多くの論文や書籍の章を執筆して出版してきており,国内外の大学で,学会のセッションや学部等の組織のワークショップで発表を行ってきている。コース・デザイン,教育の効果性,アセスメント,学術研究の生産性,アカデミック・キ…

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

学習指導・生活指導 ランキング

学習指導・生活指導のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む