サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用
  4. 食・料理
  5. ブリコルール・パブリッシング
  6. 大阪+神戸&京都ソースダイバー 下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。 褐色のソースが映し出す、関西の下町の味と情景にいざダイブ!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大阪+神戸&京都ソースダイバー 下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。 褐色のソースが映し出す、関西の下町の味と情景にいざダイブ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

大阪+神戸&京都ソースダイバー 下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。 褐色のソースが映し出す、関西の下町の味と情景にいざダイブ!

著者 堀埜 浩二 (著),曽束 政昭 (著)

説明しよう、これが下町とソースの真実である−。大阪をはじめ、神戸や京都を含む、お好み焼と串カツの名店41店を巡り、「下町とソースの蜜月」を解明。関西地ソースカタログ、ソー...

もっと見る

大阪+神戸&京都ソースダイバー 下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。 褐色のソースが映し出す、関西の下町の味と情景にいざダイブ!

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

説明しよう、これが下町とソースの真実である−。大阪をはじめ、神戸や京都を含む、お好み焼と串カツの名店41店を巡り、「下町とソースの蜜月」を解明。関西地ソースカタログ、ソースメーカーの工場訪問なども収録。【「TRC MARC」の商品解説】

大阪の街を地政学的に俯瞰し考察したあの名著への、地元・大阪からのナナメ45°のオマージュ。
褐色のソースが映し出す、下町の味の記憶と人間味あふれる情景へ、いざダイブ!

 明治の文明開化の頃にわが国にもたらされたウスターソースは、明治の後半に洋食とともに普及しました。
 かつてソースは洋食文化とともに「ハイカラな贅沢品」として慣れ親しまれ、戦後、お好み焼や串カツといったメニューの広まりとともに、関西の下町ではソースはなくてはならない「庶民の味」となりました。昭和の往時、関西人の食卓にはいつもウスターソースがありました。
 時を経て、日本人の食文化の多様化や簡素化、個食化とともに、ウスターソースは今や「ノスタルジー」な懐かしの味ともなりつつあります。
 本書では、お好み焼きと串カツの名店41店のある大阪・神戸・京都の下町を巡り、下町とソースの蜜月を探訪するとともに、地ソースメーカーの工場への潜入や関西の代表的な地ソース21社33品の徹底比較などを通して、関西の下町文化が育んだソースの軌跡を見つめ直し、「下町とソースの真実」を解明。
 褐色のソースの向こうで巡り合ったのは、人間味あふれる下町の風景と記憶の味、そして「下町のエートス」とでした。
 褐色のソースが映し出す、「ソースにまみれた下町の日常」の味と思考の旅へ、いざダイブ!


◎本書より
ソースから眺める、あの頃の下町/お好み焼な街を往く/大阪ソースダイバー グラフィティ/関西 地ソースカタログ〜関西の地ソースだよ! 全員集合/地ソースメーカーの工場を訪ねて/串カツと下町/ソースと下町のパースペクティヴ


 掲載エリア
【大阪】梅田、難波、西九条、千鳥橋、天満、京橋、緑橋、鶴橋、桃谷、今里、住道、布施、
    新世界、天下茶屋、花園町、鶴見橋、岸里、玉出、堺東、岸和田 
【神戸】長田、生田川、阪神住吉 
【京都】東九条・七条【商品解説】

目次

  • ●ソースから眺める、あの頃の下町
  • ●お好み焼な街を往く
  •   ・関西の「お好み焼き文化」試論
  •   ・京阪神 お好み焼きな街と店
  •     大阪/キタ、ミナミ、西九条、千鳥橋、天満、鶴橋、桃谷、今里、布施、
  •        新世界、天下茶屋、花園町、鶴見橋、岸里、玉出、堺東、岸和田
  •     神戸/長田、生田川、阪神住吉
  •     京都/東九条・七条
  • ●大阪ソースダイバー グラフィティ
  • ●関西地ソースカタログ 関西の代表的地ソースだよ!全員集合 関西地ソース23社35品 徹底比較座談会

著者紹介

堀埜 浩二

略歴
1960年、大阪市西成区西今船町(現在の天下茶屋1丁目)生まれ。イベントプロデューサー、ライター、ギタリスト。青年期までを西成の下町で過ごした、自称「下町のエリート」。関西を中心に様々なイベントの企画・制作を手がけるかたわら、街や店についてのあれこれを情報誌やMOOKなどで執筆。近年は音楽評論も手がけ、著書に『ももクロを聴け!』『アイドルばかり聴け!』(ともにブリコルール・パブリッシング)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

グルメ・レストランガイド ランキング

グルメ・レストランガイドのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む