サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1018-22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Aではない君と(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 106件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/07/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/460p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293714-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

Aではない君と (講談社文庫)

著者 薬丸岳 (著)

【吉川英治文学新人賞(第37回)】吉永の息子・翼が死体遺棄容疑で逮捕された。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法10条に保護者自らが弁護士に代わって話を聞ける「付...

もっと見る

Aではない君と

税込 858 7pt

Aではない君と

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.5MB 無制限
Android EPUB 3.5MB 無制限
Win EPUB 3.5MB 無制限
Mac EPUB 3.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【吉川英治文学新人賞(第37回)】吉永の息子・翼が死体遺棄容疑で逮捕された。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法10条に保護者自らが弁護士に代わって話を聞ける「付添人制度」があることを知り…。【「TRC MARC」の商品解説】

同級生の殺人容疑で逮捕された14歳の息子。だが弁護士に何も話さない。真相は。親子は少年審判の日を迎える。吉川文学新人賞受賞作


第37回吉川文学新人賞受賞作

*選考委員のコメントより

伊集院静氏
思わず唸った。
薬丸岳という小説家の力量と才能に頭が下がった。

大沢在昌氏
より道のないまっすぐな物語は、最後まで密度を失わず、
重く暗い話でありながら、目をそらすことを許さない。
名状しがたい感動を私は味わった。

京極夏彦氏
提起された問題は読み手のい許に届き、
読者それぞれが「つけられない結末」を共有できる。

恩田陸氏
もし自分が主人公の立場に立ったら、と
胸が痛くなるような心地でハラハラしながら読んだ。【商品解説】

目次

  • 第一章
  • 第二章
  • 第三章

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー106件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

少年犯罪

2019/03/22 16:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉永の息子翼が死体遺棄容疑で逮捕されてしまったが、翼は弁護士には何も話さない。少年犯罪をテーマにしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きていれば少年Aでない君と

2018/10/05 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CHANRIE - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺人を犯した14歳の少年Aと父親の話。
でもそれだけじゃない。
少年Aの父親は、殺人犯になっても生きていれさえすればこれから向き合っていける、息子の気持ちが聞ける。
殺された少年の父親は、息子が生きていた間にしたことを息子と向き合っていけない。
死んでしまえば何もできない、何も聞けない。
悪いのはどちらか答えはすぐ出るはずなのに、
心を殺すことと体を殺すこと、どちらの罪が重いのか。
そう聞かれたら私もなにも返せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親

2018/04/25 07:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年犯罪を加害者の親の立場からみた話。
離婚をし、今は別れた妻と暮らしている14際の息子が、ある日、同級生を殺した罪で逮捕される。
何故、息子は殺人を犯したのか?黙秘を続ける息子に対し、父は・・・。

息子が逮捕されてから、会社や周囲にバレないかとビクビクしたり、マスコミに嗅ぎつけられたり、といった一連の流れがとてもリアル。

ニュースを見ていると、ときおり、犯人の親のインタビューなどが放送されることがあるが、その時の親の心情が(逮捕直後は、贖罪より戸惑いの方が大きいようだ)、ありありと伺える。

文中にも出てくるセリフ「物事の良し悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ」ということが重要なテーマになっている。

若干、加害者目線が強い感じも受けるが(被害者にも非があるなど)、考えさせられる作品であることは間違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Aではない君と

2017/11/14 19:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

こどもを持つ親、もしくはこれから親になる人に読んでほしいと思いました。
親ならば、こどもを何としてでも守りたいと思う気持ちの変化が、とてもよく描写されていて、読んでいると苦しくなりました。
重いテーマではありますが、考えさせられる小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SOSは見逃してはいけない

2017/10/27 10:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どものSOSに気付くには、普段からの接し方や会話がとてつもなく重要であること。
被害者、加害者の親となるのは誰もが可能性がある上で、自分なら‥と考えるも答えなんて出るはすもない。
「物事の良し悪しは別として、なぜそれに至ったのかを考える」コレには共感できる。
やはり、著者の作品は考えさせられる部分が多い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み切り

2017/09/16 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Gam - この投稿者のレビュー一覧を見る

話の展開が分かりやすい登場人物がイメージしやすい。そういう本が読みやすい。一気読み可能な本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事件の加害者の家族の葛藤

2017/08/24 10:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫化されるのを待ちに待って、とても期待して読みました。読み応えがあり、一気に読破しました。未成年の場合の少年審判のあり方や、加害者の家族が付添人になることができることなど、知らなかった知識を得ることができ、いろいろと考えさせられました。このような難しくて重いテーマに取り組む作者を純粋に尊敬します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今回は少年犯罪

2017/11/23 21:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉永は離婚後、中学2年の息子の翼とは2,3か月に一度くらい会っている。以前はひと月くらいの間隔だったが、忙しくだんだん距離が出てきた。子供がのびのびとなる美術館の建設の仕事が決まり、また美咲との再婚も考えている。打ち上げの最中に翼から着信があったが、出られなく後で連絡するも繋がらない。警察から翼が殺人犯として捕まったと聞かされる。純子と翼が引越した事も、翼がサッカーを辞めた事も知らなかった。改めて翼がどんな事を考え、何を悩み、友達の誰と親しいのか、ほとんど知らないことに愕然となる。弁護士にも吉永にも心を閉ざす翼。一言も話さないまま時間だけが過ぎていく。優斗とは仲が良かったはずなのに、何故殺ろすことになったのか。ペロを飼ってもいいと言ってくれた父を嫌ってはいなかったことを聞き、吉永はペロが死んだと聞かされた時、もっと翼に寄り添ってあげればと後悔する。
薬丸さんの作品は、いつも重く考えさせられる難しいテーマで、今回の少年犯罪の作品は、加害者、被害者、それぞれの家族、関係者、どれも辛いです。心を殺すことと、体を殺すこと、どちらも辛いし、犯罪を犯すことはやはり理由がどうであれ良くないこと。出口が見えず、罪を一生背負って生きていくこと、そして逃げてはいけない。深く重い作品です。読み応え充分。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少年犯罪の関係者が抱く葛藤の物語であると同時に親子の在りようを問うている物語

2018/11/15 06:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nagi - この投稿者のレビュー一覧を見る

2作品しか薬丸氏の作品を読んでいません。『友罪』の次に読みました。
少年犯罪の当事者とその周辺の人物の心を描く作家さんという認識でこの作品も読んでいましたが、次第に主人公の吉永とその家族が抱えている問題が少年犯罪でありつつも、実はどの家族にも孕んでいる問題ではないかと自分の家族を振り返らされてしまう「親子」「家族」の物語でもありました。

書籍化に当たり三章が書き下ろされたそうですが、この三章があるかないかで、この作品の印象がかなり変わると感じられました。
私は書籍で初めて読んだので、追加されている状態で読んだことでようやくこの物語で描こうとされていたことを理解できた気がします。
もし二章までだったら、「体を殺すことと心を殺すことのどちらのほうが罪が重いのか」という翼の問いに悩んだままなかなか答えを出せずにいただろうと思います。
翼と藤井優斗の父親が対面したシーンで、優斗の父親が優斗の写真を見せながら翼に述べた
「君(翼)の顔は見たくない。だけど、うちにある写真の中で一番いい顔をしているから捨てられない(中略)わたしは死ぬまで君の顔を見続けなきゃならない」
というくだり以降の2人のやり取りを読んで、優斗の父親の気持ちの欠片程だけでしょうが、分かる気がして胸が痛み息苦しさを覚えました。
翼の思いも、そして優斗の翼に対する思いや優斗自身の父親に対する思いも、互いに生きてさえいたら、なんらかのきっかけで伝え合えていたかもしれないのに、その可能性を摘んでしまったのは翼なのだと思うと、吉永が父親として取り返しのつかないことをしてしまったと、後悔という言葉では表し切れない思いを抱いたことも心に直接響いてくるストーリーと表現でした。

彼らの抱えていた問題は、殺人事件という大きな形で可視化されたのですが、このような親子のすれ違いや葛藤は、多くの家庭で抱えているのではないかと思います。
(気付いているかどうかは別だと思いますが)
いつか家庭を築くであろう人にも、そして現在親である人にも、子が成人して独立した人にも、読んでもらいたいと思わせる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすがです

2017/12/25 15:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:**** - この投稿者のレビュー一覧を見る

書籍化にあたって書き足した第3章が良いですね。
これがあってこその薬丸岳さんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/17 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/25 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/15 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/13 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/16 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。