サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もうひとつのWONDER
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2017/07/20
  • 出版社: ほるぷ出版
  • サイズ:22cm/392p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-593-53522-4
  • 国内送料無料

紙の本

もうひとつのWONDER

著者 R・J・パラシオ (著),中井はるの (訳)

いじめっ子ジュリアン、幼なじみのクリストファー、同級生のシャーロット。3人の「ふつうの子」が、生まれつき顔に障害のあるオーガストと出会い…。「ワンダー」のスピンオフ作品。...

もっと見る

もうひとつのWONDER

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いじめっ子ジュリアン、幼なじみのクリストファー、同級生のシャーロット。3人の「ふつうの子」が、生まれつき顔に障害のあるオーガストと出会い…。「ワンダー」のスピンオフ作品。全3編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

いじめっ子のジュリアン、オーガストの幼なじみのクリストファー、優等生のシャーロットの3人の視点から語られる「もうひとつのワンダー・ストーリー」。この本の中ではオギーは脇役であり、オギーとの出会いによってそれぞれがどのように影響を受けて変化していったかを描いている。冒頭には、続編は書かないつもりでいた著者が『ワンダー』刊行後に米国で起こった「ジュリアンになるな」運動に違和感を持ち、本作を書くことにした経緯がつづられている。【商品解説】

収録作品一覧

ジュリアン 9−124
クリストファー 125−230
シャーロット 231−392

著者紹介

R・J・パラシオ

略歴
〈R.J.パラシオ〉アメリカの作家。長年、アートディレクター、デザイナー、編集者として多くの本を担当した。デビュー作「ワンダー」がベストセラーとなる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ジュリアンのためのスピンオフ

2018/07/31 01:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「いじめっこジュリアン」への非難をかわすために(?)、書かれたらしいスピンオフ。
分量によっては『ワンダー』本編に入ってもおかしくない内容だけれど・・・「オーガストをめぐる人々視点」のルールを守った好編。
『ワンダー』巻末の格言でジュリアンが改心もしくは反省したことがうかがえたけれど、これはそれを補完する内容。クリストファーの章は「オーガストと友達でいるのは時に難しい」と普通の人視点をとってはいるがクリストファーはADHDっぽいところがあり、彼もまた<普通>ではない。では<普通>とは一体何なのか。そもそも普通の人などいない、もしくはみんな普通の人なのだ。
シャーロットの章は、そういうみんなの違いをうまく受け入れてやっていこうというアメリカ人にしては珍しく「空気を読む人」であるシャーロットの記録。女子には女子のやり方がある、という好例で、このまま成長してほしいと思わせられる。女子同士のつながりが難しく見えるのは、男子のように力関係重視ではなく、「好かれたい・嫌われたくない」という気持ちと自我のせめぎあいが絡むから。
みんな、こじらさずに育ってほしい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジュリアン

2017/09/04 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジュリアンはやはり読者の反応が悪かったのですね…。
いじめっこですものね。
人は過ちに気付ける。…気付けない人もいるけど。
今回のお話で語られる3人のお話の中の一つ、ジュリアンのお話がやはり良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/05 07:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/16 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/21 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/06 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/06 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/03 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/25 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/09 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/07 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/15 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/16 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/18 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/24 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む