サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福
肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2017/07/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:A5判ソフト/112ページ
  • ISBN:978-4-08-781634-1
  • 国内送料無料

紙の本

肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福新刊

著者 小池 克臣 (著)

アンジャッシュ 渡部建、心酔!年間200食以上、牛肉を食べる著者の肉愛と肉知識をすべて注ぎ込んだ大人のための肉本。「旨い肉は、小豆色」と評す、和牛肉の真実と奥深い魅力を迫...

もっと見る

肉バカ。 No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福

1,620(税込)

ポイント :15pt

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

紙の本を予約購入する

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アンジャッシュ 渡部建、心酔!

年間200食以上、牛肉を食べる著者の肉愛と肉知識をすべて注ぎ込んだ大人のための肉本。「旨い肉は、小豆色」と評す、和牛肉の真実と奥深い魅力を迫真のヴィジュアルと深いウンチクとともに紹介します。「肉バカ」をひきつけてやまない究極の焼肉、ステーキ、すき焼き……をだす至福の17店紹介をはじめ、こだわりの生産者取材、正しい肉の焼き方、肉部位解説といった情報も満載。単なる肉レストランガイドでは終わらない、今までどこにもなかった「肉の本」がここに完成!

【内容紹介】
●知っているようで知らない和牛のこと~肉バカ的・和牛入門
●本当にわかって食べていますか?~肉バカが実践する正しい部位の味わい方
●第1章 和牛の至福はここに在り。究極の名店5軒
●第2章 その真髄はタレにあり。魅惑の焼肉6軒
●第3章 贅沢極まれり。ステーキとすき焼きの白眉3軒
●日本三大和牛紀行~小豆色の牛肉を求めて
神戸ビーフ編・松坂牛編・近江牛編

和牛ウンチク1 旨い牛肉に出会うために、するべきこと
和牛ウンチク2 師走は借金してでも肉を食え
和牛ウンチク3 小池流焼肉都市伝説 1
和牛ウンチク4 上手に肉を焼くコツを知っておこう
和牛ウンチク5 小池流焼肉都市伝説 2

●東京食肉市場潜入ルポ
「最高の和牛」が「最高の店」に届くまで


【本の内容】

著者紹介

小池 克臣

略歴
横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。
焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、
さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。
ブログ“No Meat, No Life.”では年間200食にも及ぶ肉食についての詳細な記録を公開中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

グルメ・レストランガイド ランキング

グルメ・レストランガイドのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む