サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 言語・語学・辞典
  4. 英語
  5. 開拓社
  6. Studies in Middle and Modern English Historical Variation

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Studies in Middle and Modern English Historical Variation
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2017/07/05
  • 出版社: 開拓社
  • サイズ:21cm/142p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7589-2249-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

Studies in Middle and Modern English Historical Variation (Studies in the History of the English Language)

著者 谷 明信 (編),ジェニファー・スミス (編)

18世紀の散文、ICAMETコーパス、シェイクスピア、パストン家の書簡集、チョーサーを対象に、形態論、統語論、語用論、文体論の問題を考察。現代英語の歴史的変異を明らかにす...

もっと見る

Studies in Middle and Modern English Historical Variation (Studies in the History of the English Language)

4,104(税込)

ポイント :38pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

18世紀の散文、ICAMETコーパス、シェイクスピア、パストン家の書簡集、チョーサーを対象に、形態論、統語論、語用論、文体論の問題を考察。現代英語の歴史的変異を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

コーパス利用により、現代英語に関わる歴史的変異を解明する6編からなる論文集。18世紀散文、ICAMETコーパス、シェークスピア、パストン家書簡集、チョーサーを対象に、その形態論、統語論、語用論、文体論の問題を解明する。6編は、否定接頭辞の競合、定型節と非定型節補文の競合、if節の直説法・接続法・法助動詞の分布、同義的2動詞のcomment clauseの発達、および18世紀散文の文体を議論する。【商品解説】

目次

  • Introduction / Akinobu Tani ; Jennifer Smith
  • Some Considerations of Affixal Negation in Shakespeare / Hiroshi Yonekura
  • The Development of a New Infinitival Construction in Late Middle English:The Passive Infinitive after Suffer / Mayumi Sawada
  • Functional and Semantic Constraints on Forms of the Verb Phrase in Late Middle English If‐Clauses / Namiko Kikusawa
  • Think and Trow in the Paston Letters / Naoki Hirayama
  • Chaucer’s Comment Clauses with Reference to Trowe and Wene / Yoshiyuki Nakao
  • Properties of English Prose in the Eighteenth Century / Kazuho Mizuno

著者紹介

谷 明信

略歴
兵庫教育大学大学院教授。英国グラスゴー大学PhD。研究分野は英語学、英語史で、特に中英語(1100-1500)の語彙と文体を中心に研究を行う。英語史教育、コーパス言語学、マザーグースの英語にも関心を持つ。最近の論文として、「英語教員養成課程における英語史」(『これからの英語教育-英語史研究との対話-』(大阪洋書、2016年))、“Revisiting the loss of the verb wit in comparison with know” in Phases of the History of English (2013, Peter Lang)、「Caxtonにおける動詞witの命令構造を含む談話標識」(『15世紀の英語-文法からテキストへ-』(大阪洋書、2013))、“The word pairs in Chaucer’s verse in comparison with those in his prose” in Noam Chomsky and Language Descriptions (2010, John Benjamins) などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む