サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひとり 句集
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/15
  • 出版社: 深夜叢書社
  • サイズ:20cm/133p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88032-439-5

紙の本

ひとり 句集

著者 瀬戸内 寂聴 (著)

紅葉燃ゆ旅立つ朝の空や寂 標的を朝日まづ射る寒稽古 御山のひとりに深き花の闇 自らの孤独を見つめ、明滅するいのちの不思議にこころを震わせる、瀬戸内寂聴の第1句集。エッセイ...

もっと見る

ひとり 句集

2,160(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

紅葉燃ゆ旅立つ朝の空や寂 標的を朝日まづ射る寒稽古 御山のひとりに深き花の闇 自らの孤独を見つめ、明滅するいのちの不思議にこころを震わせる、瀬戸内寂聴の第1句集。エッセイも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

瀬戸内 寂聴

略歴
〈瀬戸内寂聴〉1922年徳島市生まれ。東京女子大学卒業。73年平泉中尊寺で得度受戒。2006年国際ノニーノ賞受賞、文化勲章受章。「夏の終り」で女流文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

死するもひとりなり

2017/10/24 15:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日読んだ『藤沢周平句集』と同様に、瀬戸内寂聴さんのこの句集も寂聴さんが詠んだ俳句と、俳句とそれに関わった人との交流を描いた随筆7篇が収められている。
 『藤沢周平句集』は藤沢周平没後にまとめられ発表されたものだが、この句集は今年95歳となった寂聴さん覚悟の句集といえる。
 「あとがき」にこうある。
 「百年近い生涯、こうして私は苦しいときや辛い時、自分を慰める愉しいことを見いだしては、自分を慰め生き抜いてきた」と。
 そして、一遍上人の言葉を書き留めた。
 「生ぜしもひとりなり/死するもひとりなり」、句集につけた名前が「ひとり」。

 この「あとがき」には寂聴さんと俳句とのかかわりが記されている。
 最初は1961年というから古い。当時の文藝春秋社の車谷弘氏に誘われたとある。車谷氏のことはこの句集に収められた随筆「侘助の人」にも詳しい。
 誘われて行った句会で円地文子とともにへたであったと書く。そして、寂聴さんが67、8歳の頃、今や俳壇の大御所になった黒田杏子さんとご縁が出来て、再び詠み始めたという。
 だから、寂聴さんの俳句は黒田杏子さんの流れを汲んでいるともいえる。
 そうやってみてくると、寂聴さんの俳句との縁は恵まれている。

 その句もしっとりとしていい。
 「独りとはかくもすがしき雪こんこん」は気に入った。
 「雪街道往き往きし涯浄土なり」という句は「司馬遼太郎逝く」とあるから司馬さんが亡くなった時に詠んだものだろう。
 寂聴さんの俳句ならもっとしっとり官能的なものかと思ったが、そうではなく王道のような句が続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

俳句・連歌 ランキング

俳句・連歌のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む