サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真ん中の子どもたち
真ん中の子どもたち 真ん中の子どもたち

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/07/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/163p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771122-6
  • 国内送料無料

紙の本

真ん中の子どもたち

著者 温又柔 (著)

台湾人の母と日本人の父の間に生まれ、日本で育った琴子は、中国語を勉強するため上海へ留学するが…。国境や言語を越えて自らのアイデンティティを探し求める若者の姿を描く青春小説...

もっと見る

真ん中の子どもたち

1,404(税込)

真ん中の子どもたち

1,404 (税込)

真ん中の子どもたち

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

台湾人の母と日本人の父の間に生まれ、日本で育った琴子は、中国語を勉強するため上海へ留学するが…。国境や言語を越えて自らのアイデンティティを探し求める若者の姿を描く青春小説。『すばる』掲載に加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

第157回芥川龍之介賞候補作

“四歳の私は、世界には二つのことばがあると思っていた。
ひとつは、おうちの中だけで喋ることば。
もうひとつが、おうちの外でも通じることば。”

台湾人の母と日本人の父の間に生まれ、幼いころから日本で育った琴子は、高校を卒業して、中国語(普通語)を勉強するため留学を決意する。そして上海の語学学校で、同じく台湾×日本のハーフである嘉玲、両親ともに中国人で日本で生まれ育った舜哉と出会う。
「母語」とはなにか、「国境」とはなにか、三人はそれぞれ悩みながら友情を深めていくが――。
日本、台湾、中国、複数の国の間で、自らのことばを模索する若者たちの姿を鮮やかに描き出す青春小説。【本の内容】

著者紹介

温又柔

略歴
1980年、台湾・台北市生まれ。3歳の時に家族と東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育つ。
2009年、「好去好来歌」ですばる文学賞佳作を受賞。11年、『来福の家』(集英社、のち白水Uブックス)を刊行。13年、音楽家・小島ケイタニーラブと共に朗読と演奏によるコラボレーション活動〈言葉と音の往復書簡〉を開始。同年、ドキュメンタリー映画『異境の中の故郷――リービ英雄52年ぶりの台中再訪』(大川景子監督)に出演。15年、『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社)を刊行。同書で第64回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

言葉の自由

2017/10/23 07:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

柔らかい文体に感じられる「言葉はとは何か」。どれが正しい「国語」でどの言葉が「間違い」なのか。言葉は自由であり、喋る人が多ければ「多様」だと。登場人物が言う「愛の子」という言葉に、多言語多文化で育った著者の気持ちが感じられる。青春小説の爽やかも良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/03 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/12 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/20 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/18 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/01 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/21 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む