サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 男女平等は進化したか 男女共同参画基本計画の策定、施策の監視から

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

男女平等は進化したか 男女共同参画基本計画の策定、施策の監視から
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/07/15
  • 出版社: 新曜社
  • サイズ:20cm/342p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7885-1528-4
  • 国内送料無料

紙の本

男女平等は進化したか 男女共同参画基本計画の策定、施策の監視から

著者 鹿嶋 敬 (著)

長時間労働をやめて家庭生活との両立へ。人権尊重の理念に深く根ざした真の男女平等をめざす−。国の男女共同参画基本計画の策定や監視専門調査会での活動など、著者の個人的な体験を...

もっと見る

男女平等は進化したか 男女共同参画基本計画の策定、施策の監視から

3,888(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長時間労働をやめて家庭生活との両立へ。人権尊重の理念に深く根ざした真の男女平等をめざす−。国の男女共同参画基本計画の策定や監視専門調査会での活動など、著者の個人的な体験をベースに男女平等の進化論を展開する。【「TRC MARC」の商品解説】

◆ゴールは男女共同参画社会
 政府の男女共同参画会議議員、専門調査会会長を長年務め、第一人者である著者のライフワークの書。安倍政権の目玉「女性活躍推進」は手段にすぎず、「男女共同参画社会がゴール」を持論に、「男女共同参画」基本計画の策定から監視までの流れを追い、男女平等の進化の過程を見通します。男性中心型労働慣行の変革(男性正社員の長時間労働からワークライフバランスへ)、固定的な性別役割分担意識の解消(男は仕事・女は家庭から共働き・イクメンへ)がなぜ鍵かを説き、次世代への諸課題を明らかにします。報告書・議事録から要所を抜粋し、歴代の総理発言を網羅するなど、資料的価値を備えた本書は、女性学研究の基本文献となるでしょう。著者は日経新聞家庭部長等を経て、女性労働協会会長、『男女共同参画の時代』(岩波新書)など著書多数。【商品解説】

目次

  • 男女平等は進化したか 目次
  • はじめに  
  • 第1章 男女共同参画社会 形成に向けての歩み
  • 第1節 答申から閣議決定まで
  • 1 二段階の諮問と答申 
  • 2 男女共同参画か、男女平等か
  • 3 選択的夫婦別氏制をめぐって
  • 4 固定的性別役割分担をめぐって

著者紹介

鹿嶋 敬

略歴
〈鹿嶋敬〉1945年生まれ。千葉大学文理学部卒業。一般財団法人女性労働協会会長兼専務理事。専門分野は女性労働、男女共同参画。著書に「男と女変わる力学」「男の座標軸」「男女摩擦」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

女性・ジェンダー ランキング

女性・ジェンダーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む