サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 哲学・思想の通販
  5. 堀之内出版の通販
  6. Νυξ 5(2018) 第一特集聖なるもの 第二特集革命の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Νυξ 5(2018) 第一特集聖なるもの 第二特集革命

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/20
  • 出版社: 堀之内出版
  • サイズ:21cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-906708-72-7

紙の本

Νυξ 5(2018) 第一特集聖なるもの 第二特集革命

著者 江川純一 (著),佐々木雄大 (著),斎藤幸平 (著),マルクス・ガブリエル (著),千葉雅也 (著),飯田賢穂 (著),馬場真理子 (著),桑原俊介 (著),ミルチャ・エリアーデ (著),奥山史亮 (著),溝口大助 (著),橋本一径 (著),藤井修平 (著),ドミニク・ヨーニャ=プラット (著),ダニエル・エルヴュー=レジェ (著),鶴岡賀雄 (著),鴻池朋子 (著),深井智朗 (著),鳴子博子 (著),石川敬史 (著),塩川伸明 (著),酒井隆史 (著),飯田賢穂 (著),加藤紫苑 (訳),小藤朋保 (訳),田中浩喜 (訳)

海外の論稿と国内の若手研究者による論文を中心とした本格派思想誌。5は、「聖なるもの」「革命」「マルクス・ガブリエル」を特集。佐々木雄大、斎藤幸平らの論文、千葉雅也×マルク...

もっと見る

Νυξ 5(2018) 第一特集聖なるもの 第二特集革命

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

海外の論稿と国内の若手研究者による論文を中心とした本格派思想誌。5は、「聖なるもの」「革命」「マルクス・ガブリエル」を特集。佐々木雄大、斎藤幸平らの論文、千葉雅也×マルクス・ガブリエルの対談などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

【第一特集「聖なるもの」 主幹:江川純一×佐々木雄大】
 〈聖なるもの〉という概念は人間や社会、宗教にとって重要な意義をもちうるのだろうか。それとも、単なる虚構にすぎず、捨て去られるべきなのか。宗教学を軸に、さまざまな分野で語られることば〈聖なるもの〉を問い直す。

【第二特集「革命」 主幹:斎藤幸平】
近年の世間において「革命」は「主流に反対を唱えるだけの時代遅れな野蛮なもの」程度に軽んじられているように見える。しかし革命は自由と平等を論じる際に不可欠な役割を果たしてきたのみならず、革命は主権、暴力、民主主義をめぐる様々な問い誘引してきた。その自由や平等をめぐる問いを改めてここに再構築していく。

単発記事
千葉雅也×マルクス・ガブリエル「「新実在論」「思弁的実在論」の動向をめぐって」マルクス・ガブリエル京都大学講演
「なぜ世界は存在しないのか――〈意味の場の存在論〉の〈無世界観〉」【商品解説】

目次

  • 【第一特集「聖なるもの」 主幹:江川純一×佐々木雄大】
  • 佐々木雄大 序文「〈聖なるもの〉のためのプロレゴメナ」
  • 江川純一×佐々木雄大 対談「〈聖なるもの〉と私たちの生」
  • 馬場真理子「空虚な「聖なるもの」」
  • 桑原俊介「オットーの聖なるものと魂の根底(Fundus Animae, Seelengrund)――ドイツ神秘主義と近代認識論(心理学・論理学・美学)の系譜から」
  • 江川純一「ペッタッツォーニの「サクロロジア」」
  • 佐々木雄大「堕天使と悪魔の諍い――カイヨワとバタイユとの〈聖なるもの〉の差異」

収録作品一覧

〈聖なるもの〉のためのプロレゴメナ 佐々木雄大 著 10−27
〈聖なるもの〉と私たちの生 江川純一 述 28−41
空虚な「聖なるもの」 馬場真理子 著 42−49

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

宗教学 ランキング

宗教学のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。