サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

植物はなぜ自家受精をするのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/08/24
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:19cm/151p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2299-3
専門書

紙の本

植物はなぜ自家受精をするのか (シリーズ・遺伝子から探る生物進化)

著者 土松 隆志 (著),斎藤 成也 (監修),塚谷 裕一 (監修),高橋 淑子 (監修)

ある植物は自家受精ばかり行い、また別の植物は自家受精をかたくなに拒む。このちがいは何なのか。自家受精にはどんなメリットとデメリットがあるのか。長年の論争に遺伝子解析から挑...

もっと見る

植物はなぜ自家受精をするのか (シリーズ・遺伝子から探る生物進化)

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

シリーズ・遺伝子から探る生物進化 6巻セット

  • 税込価格:14,740134pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある植物は自家受精ばかり行い、また別の植物は自家受精をかたくなに拒む。このちがいは何なのか。自家受精にはどんなメリットとデメリットがあるのか。長年の論争に遺伝子解析から挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

▼自家受精は遺伝子が壊れて進化した!

ある植物は自家受精ばかり行ない、また別の植物は自家受精をかたくなに拒む。
このちがいは何なのか。
長年の論争に遺伝子解析から挑む。

▼遺伝子から解き明かす進化の最前線を紹介するシリーズ、第5弾!

いわば、「見境のない雄」と「誰でも受け入れる雌」はどちらが進化しやすいのかという問題である。花粉の数が胚珠の数を圧倒しているかぎりは、「見境のない雄」のほうが進化しやすい。これは動物でよく研究されてきた性選択の議論にとても近いものである。より配偶子の数の多いほうの性(多くの場合は雄)が、限られた交配相手をめぐって強い配偶者競争にさらされる。性選択というと、クジャクの飾り羽やカブトムシの角を思い浮かべるかもしれないが、じつは植物の自家和合性の進化とも関係しているのだ。(第2章より)【商品解説】

自身のおしべとめしべで受精し子孫を残す植物の自家受精生殖は、進化に逆行しているのではないか? 長年の論争であるこの謎に遺伝子解析を武器に挑む。【本の内容】

目次

  • 第1章 自家受精の研究をはじめるまで
  •  1.1 進化生態学の研究がしたい
  •  1.2 植物の性表現のモデルをつくる
  •  1.3 ウィーンでの出会いと転機
  • 第2章 シロイヌナズナにおける自殖の進化
  •  2.1 チューリッヒへ
  •  2.2 自家不和合性とは
  •  2.3 シロイヌナズナにおける自家和合性の進化
  •  2.4 近縁種との掛け合わせ実験

著者紹介

土松 隆志

略歴
〈土松隆志〉1983年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。博士(学術)。千葉大学大学院理学研究院生物学研究部門准教授。専門は進化生物学、集団ゲノミクス。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見境のない雄のほうが見境なく受け入れる雌より進化しやすい?

2019/05/11 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シロイヌナズナを使っての自家和合性を遺伝子の研究。
自家和合、すなわち同じ系統の花粉と胚珠が受精することは遺伝子交換のメリットだけから考えれば利は少なくなると考えられる。それでもかなりの植物が自家和合性を持っているのはなぜか。

不和合性に関係する遺伝子の変異が花粉側と柱頭側のどちらに起こるのか。DNA解析や掛け合わせ実験などの実例を詳細に知ることができる。自家和合性の進化という観点から「遺伝子の変異の推移」を追う分子生物学の発展形を垣間見る一冊である。

不和合性から和合性に変わる場合、花粉側のほうが機能不全になるケースが多いとのこと。「見境のない雄のほうが見境なく受け入れる雌より進化しやすい」と著者は表現しているが、動物にも共通する普遍的あり方のようで面白い。

本シリーズは比較的若手の研究者が執筆者として選ばれている。研究の具体例を紹介するとともに、研究者としてテーマを決定した経緯や研究の苦労、喜びなどのエピソードもかなり盛り込んである。メーンのテーマについてまとめたものとして読もうとするとこういう部分が少し煩雑には思えるかもしれないが、これから研究を始めたい学生や現在研究中の若手の人にも論文作成過程などは参考になりそうなところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/21 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

植物・森林・樹木 ランキング

植物・森林・樹木のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。