サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛なんて噓(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/08/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-134074-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

愛なんて噓 (新潮文庫)

著者 白石一文 (著)

恋愛も結婚も、孤独だった。もう、期待なんてしない。私には私しか、いない−。狂気まみれの純愛を貫く短編集。「夜を想う人」「二人のプール」など全6編を収録。【「TRC MAR...

もっと見る

愛なんて噓 (新潮文庫)

680(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋愛も結婚も、孤独だった。もう、期待なんてしない。私には私しか、いない−。狂気まみれの純愛を貫く短編集。「夜を想う人」「二人のプール」など全6編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

恋人の家に転がり込んできたのは、とっくの昔に離婚したはずの彼の元妻だった。ひとつの場所にとどまることのできない女の存在が二人の関係を変える(「夜を想う人」)。一度は別れを選び、それぞれが新しい伴侶を見つけ、子供も授かった元夫婦の約束とは(「二人のプール」)。裏切りに満ちたこの世界で、信じられるのは私だけ? 平穏で幸福な愛の“ ”に気づいてしま った男女を繊細な筆致で描く六篇。【商品解説】

収録作品一覧

夜を想う人 7−100
二人のプール 101−150
河底の人 151−202

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

白石文学の新境地とも言える「愛」というフィクションの物語!

2017/09/08 09:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、白石一文氏の文庫最新刊です。様々な男女の関係を描いた全6篇から構成された作品ですが、私はこの作品を読んで非常に驚きました。このような男女関係が現実にあるのだろうかと。。。もちろん、こういう現実もあるのでしょう。しかし、私には今一つ信じられない状況です。最後の解説にもありますが、「だれかを選んで一緒にいるということは、思いがけず、<私>という人間の姿を、その人の孤独のあるようを浮かび上がらせもする」。これは私にとっては全く新しい思考でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する