サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 告白 三島由紀夫未公開インタビュー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

告白 三島由紀夫未公開インタビュー
告白 三島由紀夫未公開インタビュー 告白 三島由紀夫未公開インタビュー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/08/09
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-220654-9
  • 国内送料無料

紙の本

告白 三島由紀夫未公開インタビュー

著者 三島由紀夫 (著),ジョン・ベスター (著),小島英人 (著)

自決9カ月前。最後の長編小説「豊饒の海」第3部「暁の寺」脱稿日に語られ、今まで公開されることのなかった三島由紀夫の貴重なインタビューを全文公開。三島理解の鍵となる評論「太...

もっと見る

告白 三島由紀夫未公開インタビュー

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自決9カ月前。最後の長編小説「豊饒の海」第3部「暁の寺」脱稿日に語られ、今まで公開されることのなかった三島由紀夫の貴重なインタビューを全文公開。三島理解の鍵となる評論「太陽と鉄」も併録。【「TRC MARC」の商品解説】

自決9ヶ月前。最後の長編小説『豊饒の海』第三巻「暁の寺」脱稿日に語られ、 今まで公開されることのなかった貴重なインタビュー音源が発見された。
くつろいだ様子でてらいなく自身の文学観、芸術観、戦後観を語るその口調に、従来のイメージをくつがえすような「素顔の三島」が表れている貴重なインタビュー。 「群像」2017年3月号に部分掲載されて各メディアで大反響を呼んだ第一級の資料を全文公開。
「これをわかってくれれば、僕のやりたいことは全部わかる」と三島がインタビュー中で語った評論「太陽と鉄」を併録。【商品解説】

収録作品一覧

三島由紀夫未公開インタビュー ジョン・ベスター 聞き手 5−74
太陽と鉄 75−176

著者紹介

三島由紀夫

略歴
〈三島由紀夫〉1925〜70年。東京生まれ。小説家、劇作家。著書に「金閣寺」「近代能楽集」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

活字と音声

2017/09/19 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

TBSの”倉庫”で発見された未公開テープ。貴重な音源ではある。三島が市谷で自決する7か月前の収録だから猶更だ。素の三島がよく表現されてもいる。ただ、こうした資料は飽くまで、音で聴いた方がよく、活字には馴染まない部分もある。むしろ難解とはいえ、本人の著作「太陽と鉄」に三島らしさが伺える。テープの発見者・小島氏のあとがきは、なんとも気障な文章。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/12 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/29 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む