サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀翼のイカロス(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/05
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/434p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790917-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

銀翼のイカロス (文春文庫 半沢直樹)

著者 池井戸潤 (著)

経営再建中の帝国航空を任された半沢は、500億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。政治家との対立、立ちはだかる宿敵…半沢に勝ち目は? シリーズ第4弾。【「...

もっと見る

銀翼のイカロス (文春文庫 半沢直樹)

821(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

経営再建中の帝国航空を任された半沢は、500億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。政治家との対立、立ちはだかる宿敵…半沢に勝ち目は? シリーズ第4弾。【「TRC MARC」の商品解説】

半沢直樹が帰ってきた!
今度の敵は政治家だ!

出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。だが折しも政権が交替。新政権の国土交通大臣は野心にみちた女性閣僚は帝国航空再生タスクフォースを起ち上げ、半沢たちに巨額の債権放棄を要求してきた。
500億円もの借金の棒引きなんてとんでもない! だが相手が大臣ではさすがの半沢も容易に突破口を見いだせない。しかもなぜか銀行上層部も半沢の敵に回る。この一件のウラには何があるのか? かつて半沢と舌戦をくりひろげた「金融庁一の嫌われ者」、オネエ言葉の黒崎駿一の思惑もカラみ、銀行に隠された大きな闇も見え隠れする。
果たして半沢の運命やいかに?
痛快度100%、無敵のエンタメ小説「半沢シリーズ」第4作、待望の文庫化です!【商品解説】

倒産寸前の航空会社の再生を担当する半沢。だが政府機関が莫大な負債の棒引きを要求してきた! 史上最大の危機が半沢を襲う最新作。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (16件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お粗末かつ大勘違い政党との対決

2017/09/16 10:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待通りの半沢節炸裂。前半で小者を撃破し、後半で大物をやっつけるいつもの展開。読後のスカッと感は半沢直樹ならではです。
 今回の相手は、蓮舫を連想させる女性議員や民主党(民進党)を彷彿とさせる政権政党が登場。お粗末かつ大勘違い政党の民主党政権を思い出させる効果もあります。また黒崎検査官も登場しますが、昨今の金融庁検査の変貌を踏まえると、今後は黒崎検査官の活躍の場も乏しくなるでしょう。
 堺雅人ももったいぶらずに、ドラマ第二弾の出演を承諾しないと、時代遅れのドラマとなってしまうかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半沢大活躍

2017/09/16 14:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も四冊目の作品で営業第二課の半沢がついに東京銀行の合併時の不適切融資をあばき正義を政治家や債券処理屋など正義を標ぼうしているやからを退治してくれたのは痛快でした。黒崎の真意が謎のままなので続編でまた黒崎と闘うこともあるよあな気がしました。半沢が栄転したのかわからないところがかえって次の作品がまたある気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

銀翼のイカロス

2017/09/18 13:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待にたがわずスッキリしました。半沢の敵もはっきりして明快ですが、片岡愛之助のためか何か黒崎が微妙な関係に今後なるかもしれませんね。10年も書き続き半沢は次長のポストこの先は頭取までもっていくのかな。ただし後20年くらいかかるかもしれませんが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出た!倍返し!

2017/10/25 14:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も胸をすくような半沢の活躍。
「倍返しだ!」のセリフもキマっている。

サラリーマンをしていると、こんな風に自分の信念を通した仕事をしたいと思っていても、なかなかできないもの。
それを半沢が代わりに体現してくれているようでもある。
加えて、周りの仲間や上司も素晴らしい。
宿敵・黒崎も、最後はちょっといい感じで登場するのも面白い。

この本は、東京第一銀行と合併して10年後くらいの設定。
『花咲舞が黙ってない』では、ようやく合併話が出る頃なので、10年経った花咲舞がどうなっているのか、というのも気になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半沢直樹シリーズの第四弾です!

2017/10/28 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、言わずと知れた半沢直樹シリーズの第四弾です。これまで『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』、『ロスジェネの逆襲』が刊行されてきましたが、今回はこれに次ぐ第4冊目にあたるのです。本書は、これいまで以上に物語がパワーアップしています。従来からの赤字企業再生を巡る主人公らの苦悩・奔走と銀行内の対立はもちろんですが、それに金融庁や政治家が複雑に絡んできるため、読者は一体どのような結末になるのか、全く予想がつきません。ハラハラドキドキの連続で、まるで謎解きミステリーのような感覚にも襲われます。半沢直樹シリーズの最高傑作のひとつです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今後のわが国の行方を考えさせる

2017/11/18 21:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は半沢直樹シリーズの最新作である。半沢直樹が大阪西支店で活躍してから、証券子会社で本領を発揮し、その後産業中央銀行と東京第一銀行との合併で誕生した東京中央銀行の行員としての活躍が本書で楽しめる。

 本シリーズの面白い点は、今までの作品でよく知られているが、本書も期待を裏切らない作品となっている。本書の特徴は、銀行内部の暗闘と政界とそれを取り巻くコンサルタントを敵に回しての活躍である。相変わらず、嫌な奴、すなわち周りは敵だらけであるが、半沢直樹は一つずつ撃破し、勝利を収めるという内容である。

 痛快と言えば痛快であるが、やはり架空のフィクションである。だから読者は楽しめるのであろう。しかし、半沢直樹でも証明したが、映像化した作品の方がより楽しめるかもしれない。テレビ化に向いた作品と言った方がよいのか。池井戸潤の作品にはテレビ向きの作品が多い。

 このところ、誰の影響であるかは分からないが、マスメディアに登場する有名人はどの分野であれ、パフォーマンスに長けた人物が多い。しかし、中身があるか否かは分からない。実力はあっても地味な人物は見向きもされない傾向にあるようだ。

 本書に登場する大臣、コンサルタントなどは池井戸が揶揄の対象として登場させているとしか思えないのである。これはここで描かれている分野の特徴というわけではない。社会全体の傾向であろう。劇場化しているのである。産業の空洞化とは昔よく言われたところであるが、製造業が外国に依存するようになる意で使われていた言葉である。

 ところが、今や社会全体が中身のない空洞化で終わってしまっている。内容ではなく、その場凌ぎなのである。政治の世界はまさにそうであるが、他の世界でもその傾向が著しく、真面目にコツコツと築き上げるなどという地味な作業は評価されなくなっている。蓄積が底をつく今後のわが国はサバイバルできるのであろうかという懸念を抱かせる小説であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/17 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/23 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/24 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/05 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/21 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/08 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/16 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/08 06:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る