サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナラタージュ(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 365件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2008/02/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-388501-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ナラタージュ (角川文庫)

著者 島本 理生 (著)

ナラタージュ (角川文庫)

648(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー365件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

爽やかだけど切ない

2015/12/06 10:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生の頃の、先生に対する憧れを本当の恋にしてしまった女の子の話。その彼女に恋した男の子もまた切ないお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あんまりだった

2016/10/24 20:01

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAICHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化になるから、読んでみたけど予想してたより面白くなかった。無駄に長くて、読んでいて途中からだるくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せつなさが溢れる作品

2016/12/11 06:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バラックのオス - この投稿者のレビュー一覧を見る

工藤泉の、葉山先生へのひたむきな愛が物語全体に広がっていて、後半はせつなさが漂いつつも、泉の信念・気持ちが泉のように湧き出ていてとても感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった!!!

2017/03/08 19:20

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化されるということで手に取りました。
とってもきゅんきゅんして何度でも読み返したくなりました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひとを愛するということ

2017/04/24 23:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生のときから読んでいるが、未だに書評をするというかたちでは向き合えない。
それほど、僕にとっては思い入れがある本だ。

泉が思いを寄せる葉山は、ずるい人だとおもう。
でも、葉山先生に主人公の泉が救われていたのは事実で、ひとは救ってくれたひとのことを簡単には割りきれない。人間が星の数ほどいても、大切に想えるひとなんて、そうはいない。
でも、泉は葉山先生のことを愛していたんだと痛切に感じる。
ひとを愛するということは、相手がかけがえのないひとだと気づくことから始まるように思えてならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心持って行かれます。

2017/05/05 20:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公が婚約者と新居に向かうシーンから始まります。二人の意味深な会話。
作中で主人公を巡って二人の男性がいますが、どちらとの会話だろうと考えながら読み進め、最後には意外な結末になります。
本当に愛してる人とは一緒になれない。別れた痛みさえ大切な真実であると思えるお話し。心持って行かれます。
完全ハッピーエンドが好みの人には向かないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2005年、最高の恋愛小説はこの本ではないでしょうか?

2005/05/27 16:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から注目していた若手作家の島本理生氏。彼女は本作で一気に化けましたね。この化けようはスゴイです。
ここ数年の間に読んだ恋愛小説の中で一番切なく、また一番泣けた本かもしれません。
今まではどこか子供の雰囲気が残っていた作品に比べこの作品は恋ではなく「愛」。
まさしく今年最高の純愛小説なんですよね。
最初の数ページを読むだけで物語の中に呑み込まれていき、いつの間にか主人公の泉と同化していきます。
静かに、そして激しく思う葉山先生に対する気持ち、それは忘れることはなく、また薄れることもない想いでした。
再び出会う二人は時に近づき時に遠のく、そして先生の秘密にはある隠された部分がありそのことを知ってしまった泉は先生に二度と会わないことを宣言してしまう。
新しい恋人・小野との出来事、演劇部の後輩の死、そして泉自身に起きていたイジメ、自殺しようと思っていた日々のことなど恋愛以外にも心を痛める箇所が沢山あるのですよね。
また隠されている部分が多いのでその謎解きという意味でも続きが大変気になる作品になっています。
きっと読んでいると葉山先生に対して多少狡さを感じるのですが、きっと泉以上に葉山先生は泉のことを大切に思っていたのかもしれないと最後に感じさせてくれます。
どうしても捨てられないものがあるのが大人の世界、だからきちんと責任を取るために葉山先生が選んだ道は読者が望むものではない。
またナラタージュとは過去の回想を語るという意味なので現在の泉が過去のこの恋を語っているのだが決してそれは過去の出来事と終わってしまったものではなく、消えることなく痛みを伴いながら胸にいつまでも残る恋なのだということをラストで再び読者の胸をうつ。
本当に切なくそして哀しい、そして美しい恋愛小説でした。
実は恋愛小説ってあまり好きではないのですが彼女の作品は別かもしれません。
しかし若いのに情緒溢れる綺麗な文章を書く方なんですよね。
そして彼女の作品に登場する人は今時の格好つけた無関心を装うような若者ではなく、他人と関わり合いながら生きていこうとする人ばかりなのでその部分も同じ年代の作家との違いを感じてしまいます。
恋愛小説が読みたい方にオススメ。今年最高の恋愛小説はこの本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛みが残り、痛みが甦り、そして、その痛みをしっかりと受けとめる

2005/08/24 21:56

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yama-a - この投稿者のレビュー一覧を見る

クッソー、これは歳を取って感性が鈍ってしまったということなのか?ちっとも共感できん!というのが読み始めて暫くの感想だった。何と言っても「本の雑誌」が選ぶ2005年上半期ベスト10の第1位である。なのに魅力が感じられん!何故だ?
それは、「どんなに筆を尽くしたって結局は甘っちょろい十代の恋の物語だから」とバッサリ斬ってしまうことも可能かもしれないが、僕が不満に思ったのはむしろそういうことではない。文章がぎこちないのである。考えて考えて書いているところが読み取れてしまうのである。
僕ら素人が小説を書こうとすると同じ様相を呈してしまうものだ。ストーリー上この辺で布石を打っておこうとか、台詞が続いたのでちょっと情景描写に転じようかとか、長文が多くなってきたので短文を挟んでリズムを変えようとか、そういう風に作品の向こうに作家の意図が透けて見えてしまう文章は良い文章ではない。別にそんなもの見えないと言う読者もいるのだろうが、僕にはそれがすごく気になったのである。
ところが、中盤から人間の醜い面、弱い面に焦点が当たり始め、プラトニック一筋だったストーリーにセックスが絡み始めたあたりから、俄然小説らしくなってきた。もはや作家の姿は見えなくなり、作中の人物が自分の足で立ち上がって、自分の口で喋り始めたのである。
思うにこの作家は一途な恋や燃えるような思いを描かせると巧いと言うのではなく、人間の否定的な面や痛みを描くことに長けているのではないだろうか?
ところが、最後まで読んでもやはりこの話は純愛の話である。「おいおい、そんなにいつまでも思いを引きずってどうする?」とおじさんは問いたいのであるが、恐らくこの小説こそが、この小説を書くと言う行為自体が、その問いに対する答えなのだろう。
痛みが残り、痛みが甦り、そして、その痛みをしっかりと受けとめる小説である。
by yama-a 賢い言葉のWeb

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

届かないラブレター

2008/03/17 22:08

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぴえだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんて、せつなくて、はがゆい。

読み終わった後、主人公の気持ちを想い、くやしくなって、本を投げつけたくなった反面、ラストのほんの少しの真実の中に見出された、微かな幸せを拾い上げた時、何だかとてもいとおしくなり、本を抱きしめたくなった。

ふたつの気持ちがせめぎあっているのだ。

小説を読んで、こんなに心を揺さぶられたのは久しぶりかもしれない。

誰にでも読みやすい、優しい透明感のある文章で。
けれども読み進めると、決して優しくはなくて、身を切られるような疑似体験をさせられる。

こんなにも、想っているのに。
こんなにも、すきなのに。
こんなにも、すべてを奪われているのに。

……どうして?
とても不思議に思った。

それでも、私は読み終えた今、自分なりに一つの答えをうっすらと導き出すことが出来たような気がしている。

うすっぺらい恋愛小説ではない。
きっと本を手に取り、読み進め、本を閉じた時。
何かを見つけることができる、貴重なラブストーリーだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直球勝負の純愛小説。片思いの答えが聞けます。

2015/12/06 16:40

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞記事で,綿矢りささん,金原ひとみさん,青山七恵さん,島本理生さんの
四人を若手女性作家としてまとめて扱っていた。
ひとまとめにされるのは本人たちも望まないと思うが,という前提つきではあった。
たまたま青山さんまで読んでいたので,島本さんに取り掛かった。
シルエットを読んだところで島本さんが気になり、さらにナラタージュを読んだ。
結論は,自分の趣味に一番合うような気がした作家さんだった。

最近の経験を元に、新しい作家さんを読む時はできれば二冊読むようにしている。
可能であればデビュー作と代表作を選ぶ。必ず二冊読めるわけではないが、
作品の雰囲気や伝わるものが違ってくるように思う。今回はそれで正解であった。

読了後にナラタージュの意味を調べた。
大辞林では、「〔narration と montage の合成語〕映画で、画面外の声に
合わせて物語が展開していく技法。多く回想場面に用いられる」とあった。
知らない言葉だったが、著者が込めたかった思いがやっと少し分かった。

タイトルは格好いいけれど、手に取った時は中身がイメージできなかった。
裏表紙の紹介文もかなりセンセーショナルな表現になっている。
恋愛小説は軽めの仕上がりが好きなのだが、紹介文の通りだとすると自分の
趣味には合わなさそうで、実は挑戦する気持ちでページをめくっていたのである。
端的に言って、紹介文、タイトルともしっくりこなかった。
中身は直球勝負の純愛小説だった。

主人公は大学生の泉。ある日、高校時代の演劇部の顧問だった葉山先生から
電話がかかる。
「こちらこそお久しぶりです、葉山先生」相手の名前を口にした瞬間、
泉は心拍数が上がった気がした。
演劇部の部員が三年生の三人だけになり、部活の卒業公演を開催したいとのこと。
人数が足りないから手伝って欲しい。
はっきりとは言わないが、部活も解散になるのかもしれない。
そんな会話を続けながら、葉山先生から熱心な誘いを受けた泉は思わず訊く。

「本当にそれだけの理由ですか」相手の答えを聞いて電話を切ると、右耳が
ぼんやりと熱くなっていたことに気付く。

葉山先生は他にも声をかけ、OB二人とOBのクラスメート一人の計三人が
応援に入ることになった。
現役部員三人、OB三人、泉の計七人で卒業公演を開くことが決まった。
OBのクラスメートは小野君といい、次第に泉に惹かれていく。
丁寧に、丁寧に心を染みこませていく展開だ。

片思いの答えを聞きたくないですか?

泣きそうな気持ちをちらちら誘発されながら、片思いが続く展開に心を引っ張られる。
思いが通じたようで、通じないようで、揺れる気持ちに自分の心が巻き込ま
れていくのが分かる。

途中からいつでも泣ける準備ができてしまうのだが、ずっと泣かせてもらえない小説。
最後の数ページは、小説だけに許されるプレゼントだ。都合が良すぎる展開
だが、答えを聞きたい魅力には勝てない。ここでやっと泣かせてもらえる。
うむむ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/20 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/09 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/16 03:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/06 06:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/09 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る