サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. モルフェウスの領域

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

モルフェウスの領域(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/06/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/296p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-100830-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

モルフェウスの領域 (角川文庫)

著者 海堂 尊 (著)

「コールドスリープ」技術で人工的な眠りについた少年の生命維持を担当する日比野涼子。だが、少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づき、彼を守るための戦いを開始す...

もっと見る

モルフェウスの領域 (角川文庫)

596(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「コールドスリープ」技術で人工的な眠りについた少年の生命維持を担当する日比野涼子。だが、少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づき、彼を守るための戦いを開始する…。〔2010年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー70件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

見守る母性愛

2013/07/28 14:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:六条御息所 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体的にはほのぼの母性愛+恋愛話風味で良かったです^^
終盤、涼子の無償の愛がじわじわ~ときてさらに良かったです

一方で
普通すぎる登場人物たちに対して妙にファンタジーな粉飾表現が多すぎて
最後までウンザリしました
それさえなければ・・・もっとオススメです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない片思いのようでも

2016/07/19 03:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

凍眠期間は最長5年に設定されているとはいえ、人間は記憶の連続に基づいてその人格を形成しているので、5年の空白は決して小さくない。物語の中心に据えられている凍眠八則によれば、凍眠選択者は凍眠中は公民権・市民権を一時保留され、覚醒後は一ヶ月以内に以前の自分と連続した生活か他人としての新たな生活かを選択しなければならない。以前と連続性を持つ属性に復帰した場合は凍眠事実の社会公開、別属性を選択した場合は以前の属性は凍眠開始時に遡って死亡宣告されることになっている。
法的にも倫理的にも哲学的にも実に難しい問題を内包していると感心してしまった。
物語は、両眼失明の危機を前に、特効薬の認可を待つために凍眠を選択した少年と彼の凍眠中のメンテをする女性を主人公に展開していく切ない片思いの話のようでもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつの間にか・・

2016/09/08 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

バチスタから久しぶりの海堂さんの世界。
登場人物が頭がよくて
私には難しい言葉が多く、行きつ戻りつしましたが
いつの間にか読み終えました。
続きも読みたくなり
買ってしまいました。
なんとなく次の流れが気になってしまう感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/30 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/04 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/14 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/27 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/23 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/20 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/07 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/15 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/17 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/13 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/15 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/23 07:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る