サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 法学・法律
  4. 自由意思と刑事責任 脳科学を顧みて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自由意思と刑事責任 脳科学を顧みて
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2017/08/31
  • 出版社: 八千代出版
  • サイズ:22cm/254p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8429-1690-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

自由意思と刑事責任 脳科学を顧みて

著者 松村 格 (著)

自由意思幻想論に対して批判的知見を述べ、様々な文献に丁寧にあたりながら、意思の自由と刑法における責任と刑罰について論じる。『駒澤法学』掲載に加筆し書籍化。【「TRC MA...

もっと見る

自由意思と刑事責任 脳科学を顧みて

4,968(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自由意思幻想論に対して批判的知見を述べ、様々な文献に丁寧にあたりながら、意思の自由と刑法における責任と刑罰について論じる。『駒澤法学』掲載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

脳科学に基づくニューロン(神経細胞)決定論では、人間の行為はニューロンがその開始を決定しているのであり、それが正しいとすれば、われわれは自由意思を持たないことになる。本書はその自由意思幻想論に対して批判的知見を述べ、様々な文献に丁寧にあたりながら、意思の自由と刑法における責任と刑罰について論じる。【商品解説】

目次

  • 序章 刑法と自由意思
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 意思の自由について
    • 第3節 刑罰と自由意思
    • 第4節 責任と自由意思
    • 第5節 まとめ
  • 第1章 意思の自由と刑事責任(1)
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 ニューロン決定論の契機
    • 第3節 ニューロン決定論の素描

著者紹介

松村 格

略歴
駒澤大学名誉教授・博士(法学)・弁護士。主著に『刑法学への誘い』『システム思考と刑事法学』等多数

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

刑法・刑法各論 ランキング

刑法・刑法各論のランキングをご紹介します一覧を見る