サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経済
  5. 有斐閣
  6. 大人のための社会科 未来を語るために

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大人のための社会科 未来を語るために
大人のための社会科 未来を語るために 大人のための社会科 未来を語るために
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/01
  • 出版社: 有斐閣
  • サイズ:19cm/232,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-641-14920-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

大人のための社会科 未来を語るために

著者 井手英策 (著),宇野重規 (著),坂井豊貴 (著)

GDP、多数決、公正、希望…。気鋭の社会科学者が、日本の社会を形づくっている12のキーワードを取り上げ、それぞれの意味を根底から吟味。日本社会の「いま」と「これから」を見...

もっと見る

大人のための社会科 未来を語るために

1,620(税込)

大人のための社会科

1,620 (税込)

大人のための社会科

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

GDP、多数決、公正、希望…。気鋭の社会科学者が、日本の社会を形づくっている12のキーワードを取り上げ、それぞれの意味を根底から吟味。日本社会の「いま」と「これから」を見通す、共通のプラットフォームを提供する。【「TRC MARC」の商品解説】

気鋭の社会科学者が,日本社会を12のキーワードから解きほぐし,未来への方向性を示す。「反知性主義」が幅をきかせる時代において,私たちがきちんと考え,将来を語り合うための共通の理解,土台となりうる「大人のための教科書」の誕生!【商品解説】

気鋭の社会科学者が,日本社会を,多数決,GDP,歴史認識,公など12のキーワードから解きほぐし,未来への方向性を示す。【本の内容】

目次

  • 序 社会をほどき,結びなおすために──反知性主義へのささやかな抵抗
  •  第Ⅰ部 歴史のなかの「いま」
  • 第1章 GDP──「社会のよさ」とは何だろうか
  • 第2章 勤労──生きづらさを加速させる自己責任の社会
  • 第3章 時代──時代を分けることと捉えること
  •  第Ⅱ部 〈私たち〉のゆらぎ
  • 第4章 多数決──私たちのことを私たちで決める
  • 第5章 運動──異議申し立てと正統性
  • 第6章 私──自分の声が社会に届かない
  •  第Ⅲ部 社会を支えるもの

著者紹介

井手英策

略歴
〈井手英策〉1972年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。博士(経済学)。専門は財政社会学。
〈宇野重規〉1967年生まれ。東京大学社会科学研究所教授。博士(法学)。専門は政治思想史、政治哲学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

未来を希望をもって語るための,きっかけになる本

2017/12/06 13:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまの社会科学は蛸壺化して行き詰まっているのではないか。社会を分析し、未来に導いていく力を失っているのではないか。そんな問題意識が本書にはあります。12 のキーワードから切れ味するどく日本社会を読み解きます。経済学の言語だけでは語りきれないものの見方を伝えたい、歴史家として過去から学ぶやってはいけない最低限を伝える、という著者の思いが伝わってきます。なんとなく未来が不安、なんともいえない閉塞感があると感じている人が、一歩踏み出すことができるようにそっと背中を押す、そんな本です。カバーイラストは、いま『うつヌケ』(KADOKAWA)大ヒット中の田中圭一さんが、多様な人々が集う教室を手塚タッチで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

12のキーワードから探るよりよい未来社会のための書です!

2017/11/10 09:38

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、一流の社会学者である筆者によって、反知性主義が幅を利かせている現代社会を今一度考察し直し、12のキーワードによってよりよい未来社会を創造するための示唆を示した良書です。12のキーワードには、「GDP」、「勤労」、「多数決」、「公正」、「信頼」、「ニーズ」など私たちが日ごろよく目にしているものばかりで、改めて考えさせられる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/06 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/29 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/19 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/04 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/21 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/04 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/29 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の社会・文化 ランキング

日本の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む