サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経済
  5. ビジネス社
  6. 世界が喰いつくす日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界が喰いつくす日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか
世界が喰いつくす日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか 世界が喰いつくす日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか 世界が喰いつくす日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/08/25
  • 出版社: ビジネス社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8284-1973-2
  • 国内送料無料

紙の本

世界が喰いつくす日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか

著者 大村大次郎 (著)

貿易黒字に固執した日本の敗因とは? 東芝やタカタ、トヨタ、シャープの失敗を中心に、企業が海外展開することにはいかに危険が付きまとうか、「企業のグローバル化」というのは一体...

もっと見る

世界が喰いつくす日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか

1,404(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

貿易黒字に固執した日本の敗因とは? 東芝やタカタ、トヨタ、シャープの失敗を中心に、企業が海外展開することにはいかに危険が付きまとうか、「企業のグローバル化」というのは一体何なのかを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

巨額の損失が明らかになり、倒産さえささやかれている東芝。東芝だけではない、企業のグローバル化に潜む危険を警告する!
東芝の解体が大きなニュースになっており、関連本もたくさん出ていますが、ほとんどが東芝の経営批判ばかりです。確かに、東芝は粉飾決算などを行っており、決してクリアな会社ではなかった。しかし、東芝の破綻の最大の要因は、巨額の損失を抱えたアメリカの建設会社を詐欺同然に騙されて買わされてしまったことです。東芝以外にも、タカタやシャープなど、海外展開することで壊滅的なダメージを被った日本企業はたくさんあります。本書では、東芝の失敗を中心に、企業が海外展開することにはいかに危険が付きまとうか、「企業のグローバル化」というのは一体何なのか、ということを明らかにしていきます。
【本の内容】

著者紹介

大村大次郎

略歴
〈大村大次郎〉大阪府出身。元国税調査官。退職後、経営コンサルタント、フリーライターとなる。執筆、ラジオ出演など幅広く活躍。著書に「ブッダはダメ人間だった」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本企業の経済戦略の失敗から今後の進むべき方向を示唆した良書です!

2017/11/30 10:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、経済成長という幻想とグローバル企業の限界を実例を挙げながら解説した経済書です。東芝やシャープ、トヨタ、タカタなどの日本企業は、アメリカにまんまとはめられたり、中国に技術を盗まれたりという失態をしてしまいました。こうしたグローバルに展開していた日本企業が、なぜ、世界戦略を誤ってしまったのでしょうか?そこには、貿易黒字至上主義における誤算という問題が存在しています。今、日本に必要なのは経済成長ではなく、経済循環であると本書は説きます。企業という視点から見た日本経済の将来を見る画期的な書です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/07 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む