サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. ワニブックスの通販
  6. 朝日新聞がなくなる日 “反権力ごっこ”とフェイクニュースの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

朝日新聞がなくなる日 “反権力ごっこ”とフェイクニュース
朝日新聞がなくなる日 “反権力ごっこ”とフェイクニュース 朝日新聞がなくなる日 “反権力ごっこ”とフェイクニュース
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/08/28
  • 出版社: ワニブックス
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8470-9611-2

紙の本

朝日新聞がなくなる日 “反権力ごっこ”とフェイクニュース

著者 新田 哲史 (著),宇佐美 典也 (著)

二重国籍問題と報道しない自由、政策論争を放棄した都議選報道…。『アゴラ』編集長の新田哲史と、元経済産業省官僚の宇佐美典也が、『朝日新聞』の報道の仕方と問題点について、「現...

もっと見る

朝日新聞がなくなる日 “反権力ごっこ”とフェイクニュース

1,400(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

二重国籍問題と報道しない自由、政策論争を放棄した都議選報道…。『アゴラ』編集長の新田哲史と、元経済産業省官僚の宇佐美典也が、『朝日新聞』の報道の仕方と問題点について、「現場」視点に重きを置いて語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

「なぜ朝日新聞は安倍首相を憎むのか?」
森友&加計学園問題で迫る“悪魔の証明”、東京都議選における異常な自民叩き、そして滲み出る記者たちのイデオロギーまで……その違和感の正体に、『アゴラ』編集長の新田哲史氏と元経済産業省官僚の宇佐美典也氏が深く切り込む。さらに蓮舫氏の二重国籍問題報道の裏側も分析。
「この本は朝日新聞への口汚い応援歌である」(おわりにより)
【本の内容】

目次

  • 第1章 朝日新聞と“反権力ごっこ”
  • 第2章 ビジネスとしての加計学園問題
  • 第3章 二重国籍問題と報道しない自由
  • 第4章 政策論争を放棄した都議選報道
  • 第5章 昭和の体質を抜け出せない新聞業界
  • 第6章 ゴシップ化するリベラルメディア
  • 第7章 朝日新聞は生まれ変われるのか?

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む