サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 動物学の通販
  5. 紀伊國屋書店の通販
  6. 動物の賢さがわかるほど人間は賢いのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか
動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか 動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/08/29
  • 出版社: 紀伊國屋書店
  • サイズ:20cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-314-01149-5

紙の本

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか

著者 フランス・ドゥ・ヴァール (著),松沢 哲郎 (監訳),柴田 裕之 (訳)

自分の決断を悔やむラット、道具を作るカラス、人間の顔を見分けるタコ…。霊長類の社会的知能研究における第一人者が、驚くべき動物の認知の世界を、自身の手によるイラストとともに...

もっと見る

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の決断を悔やむラット、道具を作るカラス、人間の顔を見分けるタコ…。霊長類の社会的知能研究における第一人者が、驚くべき動物の認知の世界を、自身の手によるイラストとともに鮮やかに描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

進化の末に、動物は「賢さ」を獲得した。
それは人間も、サルも、カラスも、イルカも、タコも、みんな同じである。
われわれは自分たちだけが賢いと思っていないか?

心理学との境界線を行くユニークな動物研究の分野を開拓してきた著者が、動物行動学の歴史から最新の研究まで、豊富な事例を示すとともに読者へと問いかける。ドゥ・ヴァールが新たに提唱する「進化認知学」とは――
人間中心の科学から脱却し、動物の認知とは何かを見つめなおす。

驚きのエピソード満載、著者自身の手によるイラスト多数。待望の最新作!

●チンパンジーは食べ物のありかを知っていることを悟られないようにふるまう
●カケスは相手が何を欲しがっているか見極めてプロポーズの贈り物を選ぶ
●アシナガバチは一匹ずつ顔が違い、仲間の顔を見分けている
●タコは自分を攻撃した人間を覚えていて、怒りをあらわにする【商品解説】

目次

  • 【目次】
  • 第1章 魔法の泉
  • 虫になる/群盲、ゾウを……/人間性否認
  • 第2章 二派物語
  • 犬には欲望があるか?/空腹ゲーム/単純にしておく/馬を責める/安楽椅子霊長類学/雪解け/ビーウルフ
  • 第3章 認知の波紋
  • ユリイカ!/ハチっ面/ヒトを再定義する/カラス参上!

著者紹介

フランス・ドゥ・ヴァール

略歴
〈フランス・ドゥ・ヴァール〉1948年オランダ生まれ。エモリー大学心理学部教授、ヤーキーズ国立霊長類研究センターのリヴィング・リンクス・センター所長。ユトレヒト大学特別教授。著書に「共感の時代へ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まったく権威主義者ってのは・・・という気持ちになった。

2017/12/01 00:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:色鳥鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は、類人猿も後姿だけで個体を識別する、という論文でイグ・ノーベル賞を受賞している。人間だけが特別、とする考え方に疑問を投げかける1冊。
ワタリガラスは、集団の上位に位置する個体が弱っているような声を合成して聞かせると、彼の地位を案じ、心配そうにするらしい。また、オスのチンパンジーは権力争いをする時だけ、赤ん坊を抱っこしてみせるらしい。彼らは本当に人間より愚かしいのか?

そもそも、彼らの知能を測る時、人間の知能を測るようにするのは間違いで、彼らの文化を理解し、本能をさえぎらないよう、慎重に行わなければならない。なぜならば、彼らは人間ではない。そして、すべての生物のうち、人間が特別だと考えるのは多分人間だけなのだ。(あ、あと犬も、かな?)

子供の頃から疑問だったことにはっきりとケリをつけてくれてスッキリした。良書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか

2017/09/30 07:13

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お勉強大好きベロ君!! - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間の傲慢さや欲が如何に危険かを問われる一冊ですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/15 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/07 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/16 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/16 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/22 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/28 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/13 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/02 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/12 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/16 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/06 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

動物学 ランキング

動物学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む