サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

弁護士が教えるIT契約の教科書
弁護士が教えるIT契約の教科書 弁護士が教えるIT契約の教科書

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/23
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5965-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

弁護士が教えるIT契約の教科書

著者 上山浩 (著)

システム開発・運用の発注者であるユーザー企業の視点に立ち、IT契約書の作り方のポイントを解説。経済産業省策定・公表「情報システム・モデル取引・契約書」(抜粋版)も収録。2...

もっと見る

弁護士が教えるIT契約の教科書

2,916(税込)

弁護士が教える IT契約の教科書

2,916 (税込)

弁護士が教える IT契約の教科書

ポイント :27pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

システム開発・運用の発注者であるユーザー企業の視点に立ち、IT契約書の作り方のポイントを解説。経済産業省策定・公表「情報システム・モデル取引・契約書」(抜粋版)も収録。2017年5月成立の改正民法に対応。【「TRC MARC」の商品解説】

現場で役立つ、IT契約の「実践的教科書」登場!

 システム開発・運用に関するユーザー企業とITベンダーの間の紛争が後を絶ちません。
原因の多くは、契約書にあります。責任範囲が不明確だったり、発注者であるユーザー企業にとって一方的に不利な内容だったりするケースが散見されます。
契約書の問題点を見抜き、適切に修正するスキルが求められます。
 さらに今後は、民法改正に関する知識も不可欠になります。
改正民法は2017年5月に成立し、2020年前半頃に施行される見込みです。改正によってシステム開発委託時の契約内容や、その際に発生するユーザー企業とITベンダーの責任範囲などが大きく変わります。

 本書は、ユーザー企業のシステム部員や法務担当者に向けて、契約書に潜むリスクを見極めるためのチェックポイントや最低限知っておきたい法律や判例などを解説します。
「ユーザー企業がどんな観点で契約書をチェックしているか」を知ることができるため、ITベンダーの契約担当者や営業担当者にとっても必読の内容です。
 筆者は、IT企業出身の弁護士というキャリアを持つ、この分野の第一人者です。経済産業省の「情報システム・モデル取引・契約書」の策定に携わったり、システム開発をめぐる裁判の代理人を務めたりしています。
こうした経験を基に、「トラブルを未然に防ぐ」「トラブルが起きても円滑に解決できる」契約書にするための実践的なノウハウを凝縮しています。
 本書は、2013年発行の『トンデモ“IT契約”に騙されるな 』(2013年発行)を基にしています。民法改正をはじめとするシステム開発をめぐる最新動向について、大幅に加筆しました。【商品解説】

システム開発・運用に関するユーザー企業とベンダーの間で、紛争の原因になるのが契約書。トラブルを避けるには、契約書を交わす時点で留意すべきポイントが多数あります。IT企業出身の弁護士で、この分野の第一人者である著者が、易しく解説します。【本の内容】

目次

  • ◎第1章
  • ベンダー任せの契約は危険がいっぱい!
  • キーワード解説:「適用」「準用」
  • ◎第2章
  • 契約は「細切れ」にしない
  • キーワード解説:「瑕疵担保責任」
  • ◎第3章
  • 「基本契約」でトラブルの芽を摘む

著者紹介

上山浩

略歴
〈上山浩〉京都大学理学部卒業。弁護士/弁理士。日比谷パーク法律事務所に入所。経済産業省のモデル取引・契約書の策定に携わる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む