サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 牡丹色のウエストポーチ 杉原爽香〈44歳の春〉 文庫オリジナル/長編青春ミステリー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

牡丹色のウエストポーチ 杉原爽香〈44歳の春〉 文庫オリジナル/長編青春ミステリー(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/08
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-77523-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

牡丹色のウエストポーチ 杉原爽香〈44歳の春〉 文庫オリジナル/長編青春ミステリー (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)新刊

著者 赤川次郎 (著)

夜明け前の公園で交わされた契約は、爽香の娘・珠実の殺害だった! 学校行事の一環で山間のキャンプ地に赴くこととなった爽香と珠実。楽しいはずの旅行先で、殺意は着実に迫りつつあ...

もっと見る

牡丹色のウエストポーチ 杉原爽香〈44歳の春〉 文庫オリジナル/長編青春ミステリー (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

670(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夜明け前の公園で交わされた契約は、爽香の娘・珠実の殺害だった! 学校行事の一環で山間のキャンプ地に赴くこととなった爽香と珠実。楽しいはずの旅行先で、殺意は着実に迫りつつあった…。『女性自身』掲載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

祝爽香シリーズ三十作目

2017/09/23 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

爽香シリーズ三十作目。杉原爽香は44歳。夫の明男、娘の珠実と共に、多忙ながら充実した日々を送っている。

珠実に危機が迫っているとも知らず、遠足に同行する爽香。偶然大女優の栗崎英子が遠足先に居合わせたことから、珠実と爽香はそれと知らずに難を逃れる。ある日、珠実の友達の母麻衣子が轢き逃げ事故を起こし、爽香も意外な形で事件に巻き込まれてゆく。

平凡な日常がふとした過ちから崩れてゆく過程は読み応えがある。悪意が忍び寄る女心の描写はさすがである。冒頭から謎の殺し屋が登場し、殺意の足音が次第に迫ってくるスリルも味わえる。

ミステリーと人生の無常がちりばめられた爽香シリーズを、毎年楽しみにしている。シリーズの過去作をまた再読したくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎年楽しみにしている本です。

2017/10/15 21:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:食べ放題 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ30周年です。毎年発売を心待ちにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/11 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む