サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

翻弄 盛親と秀忠
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/469p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-005005-3
  • 国内送料無料

紙の本

翻弄 盛親と秀忠新刊

著者 上田秀人 (著)

偉大な父を持つ長宗我部盛親と徳川秀忠。2人は関ケ原の戦いで全く戦功を上げられなかったという共通した屈辱を味わっていた。それから十余年。運命が2人を再び戦場に連れ戻す…。『...

もっと見る

翻弄 盛親と秀忠

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偉大な父を持つ長宗我部盛親と徳川秀忠。2人は関ケ原の戦いで全く戦功を上げられなかったという共通した屈辱を味わっていた。それから十余年。運命が2人を再び戦場に連れ戻す…。『中央公論』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

四国統一を成し遂げた偉大な父・元親に愛され、四男ながらも家督を継いだ長宗我部盛親。一方、豊臣の五大老として実質、天下の実権を握る家康を父に持つ徳川秀忠。二人の命運は関ヶ原の戦いの勝敗で分かれるも互いに戦功を上げられなかった屈辱を味わった。それから十余年、運命が再び二人を戦場に連れ戻す――。
【本の内容】

著者紹介

上田秀人

略歴
〈上田秀人〉1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。歯科医師。作家。「孤闘」で中山義秀文学賞を受賞。ほかの著書に「傀儡に非ず」「鳳雛の夢」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)