サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

花咲舞が黙ってない(中公文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/05
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/428p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206449-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

花咲舞が黙ってない (中公文庫)

著者 池井戸潤 (著)

東京第一銀行に激震が走った。頭取から発表されたライバル行との合併。生き残りを懸けた交渉が進む中、臨店指導グループの跳ねっ返り・花咲舞は、行内に巣食う巨大な不正に巻き込まれ...

もっと見る

花咲舞が黙ってない (中公文庫)

799(税込)

花咲舞が黙ってない

799 (税込)

花咲舞が黙ってない

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.0MB 無制限
Android EPUB 5.0MB 無制限
Win EPUB 5.0MB 無制限
Mac EPUB 5.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京第一銀行に激震が走った。頭取から発表されたライバル行との合併。生き残りを懸けた交渉が進む中、臨店指導グループの跳ねっ返り・花咲舞は、行内に巣食う巨大な不正に巻き込まれることに! 『読売新聞』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

あの人気キャラクターの最新作。「読売新聞」好評連載がいきなり文庫に!東京第一銀行の跳ねっ返り行員・花咲舞は、己の信じる正義のもと、空気は読まず、時にブチ切れながら、問題支店や勘違い行員の指導に奮闘している。そんな中、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまい……このままでは我が行はダメになる! 歯を食いしばり行内の闇に切り込む、痛快連作短篇。【商品解説】

「読売新聞」好評連載がいきなり文庫に!

東京第一銀行の跳ねっ返り行員・花咲舞は、己の信じる正義のもと、空気は読まず、時にブチ切れながら、問題支店や勘違い行員の指導に奮闘している。
そんな中、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまい……このままでは我が行はダメになる! 歯を食いしばり行内の闇に切り込む、痛快連作短篇
【本の内容】

収録作品一覧

たそがれ研修 7−53
汚れた水に棲む魚 55−112
湯けむりの攻防 113−158

著者紹介

池井戸潤

略歴
一九六三年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。九八年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。二〇一〇年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、一一年『下町ロケット』で直木賞を受賞する。他の作品に『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』『陸王』『民王』『アキラとあきら』や、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』など。本作は『不祥事』に続く花咲舞シリーズ第二作である。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

これからの金融業界の行方は

2017/11/12 21:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作である『不祥事』の続編である。東京第一銀行の事務部臨店指導グループの相馬調査役と花咲舞が行内の慣行や因習にとらわれず、破天荒の活躍を描くエンタメ小説である。前作を含めて、本書は銀行内の業務に関する事件、事故をある程度明らかにしている点で、現実味のある小説である。

 こういう小説は金融業界出身者でなければなかなか描き入れないし、細部を適当に描いていると読者はついてこないであろう。本書のゴールは読んでいても途中ではっきりとしてくる。そこまでのアプローチとして短編化されたエピソードが6話用意されている。

 いずれも変化があり、取引先も含めて多様な登場人物が活躍する。中でも他行との合併話でストーリーは盛り上がる。それにしても、現実には大手行といえどもマイナス金利のせいか、収益力がかなり低下しているようで、再度合併話が出現してもおかしくはない情勢となっている。実際には合併よりもリストラであった。メガバンクが続々とリストラに走っているようだ。行員のリストラの代わりにAIを導入して判断などを自動化するそうである。世の中変わったものである。AIを材料にまだまだ金融業界の小説は果てがないようだ。

 本書でも池井戸のサービス精神が発揮されている。産業中央銀行の次長として半沢直樹が登場するのである。本筋には関係がないのだが、この辺りの読者サービスはさすがである。しかし、合併前後との時間的な経緯の辻褄があっているのか否かについてはどうなのかという疑問も出てくる。

 もうひとつ、花咲舞が前作ほど元気が出ていない点で残念であった。行員としての年功を積んでいくと、組織の弊に染まっていくということか。かといって、あまり破天荒では現実離れしてしまう。池井戸はバランスを考慮しているのかもしれない。いずれにしても続編に期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

銀行員はえらいこっちゃ

2018/05/20 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者池井戸潤の別の短篇からドラマシリーズを作り、その流れを受けて書かれた短篇集です。
これらを読んでいるといつも、利潤や出世を考える職業はえらいこっちゃな、と思います。
花咲舞は、あまり暴走しないで冷静で、その分、銀行業界の難しさが感じられました。
陰謀や不正隠蔽の話の中に、ひとつだけほっとしてしみじみできる話があって、救われました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女半沢

2018/03/30 20:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作短編集『不祥事』(2004年発行)の続編で、時代設定は当時のまま花咲舞と合併前夜の東京第一銀行の物語が綴られています。ライバル行である産業中央銀行と合併準備が進行中ということもあって、半沢直樹が同行の企画部調査役としてちょい役ではありますが登場します。いえ、登場回数は少ないものの決定的な役割を果たすので、かなり重要な役回りですね。

主人公の花咲舞は己の領分・臨店指導で「銀行を良くしたい」という正義感を発揮し、次々露になる東京第一銀行のスキャンダルと隠ぺい体質に果敢に立ち向かいます。その中で重要な役割を果たすのが企画部特命担当調査役の昇仙峡玲子です。産業中央銀行側の半沢直樹と対を成す役職という位置づけで、特に花咲舞の味方というわけでは全然ないクールな女性なのですが、舞の方は彼女に期待して、自分の発見したことや思いなどを彼女に訴えます。

第1話から7話までありますが、短編連作というほどバラバラではなく、かといって一つの物語としてまとまっているのかというとそれほどでもない、全体的に緩やかな繋がりがあります。このため、ページを繰る手が止まらないということはなく、1話が終わったところで問題なく休憩できます(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二大スターの共演で一気にヒートアップ

2017/11/15 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔映画スターの共演といえば胸をわくわくさせたものだ。
 勝新太郎と三船敏郎といえば日本映画を代表するスターだったが、それが二人の代表作である座頭市と用心棒としてぶつかり合うともなれば、当時(1970年)の観客をどれほど喜ばせたことだろう。
 最近ではなかなかそういう共演を見ることはなくなった(勝や三船のような大スターがいなくなったということでもある)が、池井戸潤が2016年1月から10月にかけて読売新聞に連載し、いきなり中公文庫にラインナップされたこの本では、驚きの共演を楽しめた。

 タイトル通り、この連作長編の主人公は東京第一銀行の花咲舞(好評だったTVシリーズでは杏が演じた)だが、そこに現れるのが産業中央銀行の「倍返し」男半沢直樹なのだ。
 業績不振にあえぐ東京第一銀行が選択した方策がライバル行産業中央銀行との合併で、その接点の中で花咲舞と半沢直樹は出会うことになる。
 もっとも、この時点では臨店指導グループの一行員でしかない花咲と一方で企画部調査役の半沢では格がちがいすぎるが、銀行を愛する気持ち、銀行がなすべき責任をともに持った二人であるから、心の波動が共鳴し合って心地いい。

 池井戸が描く銀行の内幕がその通りとは思いたくないが、最近の企業の不祥事の数々を見ていると、日本企業の愚かな巣窟の体質はそれほど遠くないかもしれない。
 花咲や半沢のようなスターが各企業にいれば違うのだろうが、そんなことを願いたくなるのも情けない話だ。
 「黙ってない」社員たちがたくさん出てくれば、企業も変わるのだろうが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの方が登場

2017/09/17 22:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

筋を通そうとする力は半沢に劣らない花咲舞。
 ただ、如何せん銀行内での立場が低く、影響力には自ずと限界があります。前作(不祥事)のように臨店対象部署に限られた問題であれば、花咲・相馬コンビで解決できますが、銀行全体の問題となると、何らかの変化球が必要となります。その仕掛けとして、第3話と第7話では何とあの方が登場。その存在感と破壊力は圧倒的でした。
 また、本作で登場する東京第一銀行の紀本企画部長と牧野頭取の末路は、「銀翼のイカロス」で描かれています。理不尽な問題に果敢に挑む花咲舞。ぜひ次回作を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正義感が黙ってない

2017/12/14 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

いきなり文庫で出たこの本は花咲舞シリーズ2作目、時代はバブル崩壊後、正義感が強い花咲舞の痛快ストーリー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半沢直樹登場

2017/10/12 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『不祥事』に比べて、抱える問題が大きくなってきた。
花咲舞でも手に余る感じもあり、スカッと感がいくぶん少なめ。
でも、最後の落とし方は、さすが池井戸潤。

半沢直樹も登場してくるが、花咲とはライバル銀行にあたるためか、ちょっとヒールっぽく描かれているのが面白い(悪いことをしているわけではないのだが)。

TVドラマのおかげで、花咲=杏、相馬=上川隆也、芝崎=塚地武雅 のイメージが残っていたため、すんなりと物語に入り込めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの人が・・・

2017/09/25 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムジクムジカミュージック - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は本当に花咲舞が黙ってないのタイトル通りの働きっぷり
前作が単純なはねっかえり、銀行の行員を守るための正義感だったものが
銀行としてあるべき姿に重点をおいたもっとおっきなものに立ち向かおうとする
舞の奮闘ぶりがなかなかです。そのかわり、簡単に解決することばかりではなくなってきます。フラストレーションもためつつそれでも負けない。そういう姿に目を奪われているとふとあの人物が登場。まずはこちらから読んで銀翼へ行くのがいいのでしょう。
銀翼は既読でしたが、これを読んだ後また読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

花崎舞と銀翼のイカロス

2017/09/19 20:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

花崎舞とイカロスの作品に繋がりがあるのが良くわかりました。紀本部長が第一東京銀行で負債をかくした理由がバンカーとして良いのか、個人のためなのか、紀本部長の最後はイカロスでわかります。二つの作品で一つだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久々で贅沢

2017/12/10 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

『不祥事』から久々に小説で読むことができるだけでも嬉しいのに、半沢直樹が共演とは、何て贅沢な作品だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/02 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/03 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/26 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/01 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る