サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

長女たち(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/403p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-148420-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

長女たち (新潮文庫)

著者 篠田 節子 (著)

当てにするための長女と、慈しむための他の兄妹。それでも長女は、親の呪縛から逃れられない。親の変容と介護に振り回される女たちの苦悩と、失われない希望を描く連作小説。【「TR...

もっと見る

長女たち (新潮文庫)

724(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

当てにするための長女と、慈しむための他の兄妹。それでも長女は、親の呪縛から逃れられない。親の変容と介護に振り回される女たちの苦悩と、失われない希望を描く連作小説。【「TRC MARC」の商品解説】

認知症、介護離職、孤独な世話。恋人もキャリアも失った。母のせいで――。圧倒的な現実の果てに、ほのかな希望がにじむ共感の話題作! あなたは、そこまでして私の人生を邪魔したかったの――。認知症の母を介護するために恋人と別れ、仕事のキャリアも諦めた直美。孤独死した父への悔恨に苛まれる頼子。糖尿病の母に腎臓を提供すべきか苦悩する慧子。老親の呪縛から逃れるすべもなく、周囲からも当てにされ、一人重い現実と格闘する我慢強い長女たち。その言葉にならない胸中と微かな希望を描き、圧倒的な共感を呼んだ傑作。【商品解説】

収録作品一覧

家守娘 7−169
ミッション 171−289
ファーストレディ 291−396

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2017/10/24 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1話目と3話目について、こんなに母親とは娘に依存するものでしょうか?
私には娘はいないのでわからないのですがもし自分の母親がこんな感じなら
とても怖いです。娘と自分は一心同体、腎臓を貰うのが当たり前なんて…。
年老いた母親にとって娘は愛する存在ではなくなるんでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長女(長女体質含む)、必読の書!

2017/11/19 07:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家・篠田節子とは思えば長いお付き合いです。個人的には『神鳥-イビス』や『夏の災厄』といったホラー系作品が好きですが(宗教がらみの作品はもはや王道です)、『女たちのジハード』や『百年の恋』のような身も蓋もない話にも「うおぉ」となってしまいます。
本作『長女たち』もまた、身も蓋もない話系統。短編(中編?)3つ収録。
長女が悩み苦しみ、孤軍奮闘する姿が描かれます(連作短編ではないので、それぞれの話は独立したもの)。

読者である私も長女なので・・・今回は「身も蓋もない」では終われず、恐ろしいほどに身につまされました。
「一歩間違えてたらきっと私もこうなってた!」な展開、母親とのやり取り、続出。
そうなんです、長女ってなんか共感能力高く躾けられちゃうんです。だから人をバッサリ切ったり、その人の好みなど否定するような言動ができない。自分のことより相手優先の考え方が身についてしまっているので、自分の意志をストレートに伝えられなくて、婉曲表現になったりそもそもタイミングを考えすぎて言いそびれたりで結局伝わらなかったり。損な役回りをさせられることが多いのに、本人はそうとは気づいてなかったり。
「目を覚ませ! そこから出ろ!」と作中の長女たちに何度声をかけたくなったことか。
彼女たちの気持ちがすごくわかるのです。だからこそ「早く逃げ出さないと!」という危機感がリアルに身に迫ってくる。

それぞれ長編にしても十分成り立つ内容なのに、あえてコンパクトにしたのは一冊で3人の対比を出すためかしら。
だから小説としてはいささか不十分なところもなきにしもあらずで(切れ味鋭くするためにはもっと短くまとめたほうがよかっただろうし、長編でしっかり読みたいなぁという物足りなさもあるし)、現代における母娘の病理(娘は30歳以上の場合が多い)のディテールを提示し、逃げ遅れがちな長女体質の人たちに早期の避難を促すための啓蒙の書なのかもしれず。
<毒親>という表現もかなり一般的になりましたが・・・そこまででなくとも、結局母親と長女っていちばん付き合いが長い関係になってしまうから、他にきょうだいがいたとしてもつながりは濃くなりがち。母親にとって最も愚痴や文句を言いやすい相手が長女ということになり、それを聞いて育つから母親への共感のほうが先に立って反論しづらいとか、もしくは他のきょうだいと揉めたときの折衝役になったりしてしまう。また家族もそれを当たり前だと思ってしまうところがあるし。
そうではない家庭で育った方々、おめでとうございます。

一時期、友達母娘って流行ったけど、そうやって仲良くいられるのはお互いが若い内。ここに介護や看病とかが入ったら、そんな余裕ないから。
長女は全部自分で引き受けなければダメだ、とか思わず、きょうだいとの共同責任のような逃げ道をつくっておかなくては。
でも、一人っ子で経済状態にも余裕がない場合はどうしたらいいのか・・・考えれば考えるほど、その闇は深い。
とりあえず自立って大事です!
親以上に頼れるもの(仕事とか結婚とか)があるとかなり楽になるけど、親の介護のために仕事辞めなきゃいけないとかになったら無間地獄だ。
そう考えると結婚制度って意味あるなぁ! 長女こそ先に結婚すべきなのかもと思うと、「順番守れ(妹のほうが先に嫁に行くのはよろしくない)」という昔の言い回しにも根拠があったんだなぁと感じる。
あぁ、おそろしかった。ホラー小説よりもずっと怖かった。
でもこの怖さを最も実感するのは、多分長女だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/09 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/12 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/09 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/02 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/04 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る